人気ブログランキング |

ハーブと運命の偶然性33の法則

keylime33.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

捨てられないもの

白い百合と、白&ほのかに色のついたピンク色の薔薇
e0343821_12323378.gif


この角度から百合を見ていたら、視覚の情報が脳に伝わって強く主張してくる。そして記憶から引っ張り出されたもの。

百合とフルールドリスの紋章がはじめて重なった午後のひととき。

e0343821_12340248.gif

十数年前に一目惚れして購入をした。あの時の、一目惚れをした瞬間は忘れたくとも忘れられない。

長く愛用していたけれど、ぼろぼろになってしまった愛するベルト。

ぼろぼろになって使えなくなったら大抵捨ててしまうタイプなのだけれど、これだけはどうしても捨てられずにいつもクローゼットの片隅で丸くなってしずかに寝ている。

フルールドリス。

のちほど書き綴ります、しばし退出。





by flowerofkent33 | 2018-06-27 12:17 | 日常の出来事

母とのランチからのシンクロニシティ、そして『海賊と呼ばれた男』

母に渡すものがあり、久々に会うためにどこで会おうかな〜と考えていた時に『あっ☆』パナソニックミュージアムは今なにを展示しているのかな?♫と調べてみたら…

キターーーーーッ♡ジョルジュ・ブラック〜♩♩♩

ひと昔前だったら絶対に分からなかった、興味さえも持てなかったシュルレアリスム、キュビズム、抽象表現主義などの現代画でしたが、数年前から感情的な、表現的な、非論理的な自分の単一的思考、言葉にもうほとほとうんざりして嫌気もさし、でもそれだけではなく、所謂〈文系的(理系人間から見る文系人間)〉な自分に、自分の魂が〝限界〟 を感じていることに気が付きました。昔は『変わらないでいることは変わることよりも大切』などと思っておりましたが、それは怠慢な自分自身に対する潜在的な言い訳で、これは違うとハッキリ分かりました。変わらないことは退化と一緒。本来人間とは進化するべき生き物であって寧ろ進化しないでいることのほうが難しく無理な話しなのです。ですから動物とは違い、私たちには《知性》が与えられました。

それぞれ感じかたは百人百様です。

その時から数学的な、論理的な、ロジカルに様々な角度から多面的に考える思考を追い求めて、理解をすることが難しい哲学書を考え抜いて解したり、数学理論の本を読んでいたらお陰さまでロジカルな思考がいつしか身につき、物事を色々な角度から考えることができたり、一つの教えをそのまま鵜呑みするのではなく、理解や、理解の速度が早まったりと、良い意味で頭のなかが複雑めき、ルネッサンス期の絵画にしか興味の無かった私が知らぬ間にポルックやロスコ、ブラック、カンディンスキー、クレーその他多数の理解し難い数学的に理論化された遠近法的な構造をもつ具象的な、表現主義的な、幾何学的、抽象表現主義的な絵画をとても欲するようになりました。しかしその現代画へと至る布石は、何年も前からこよなく愛しハマっていた現代曲に起因していたとおもいます。現代画へと辿るレールがすでにその時点で引かれておりました。

音楽と絵画は密接な関係にあります。それは正に耳と目の関係。私のなかでもう一つ、耳と目の関係がガッチリと繋がったものがありました♩

ちいさな頃から印象派が大嫌いで良さも分からなかったクロード・モネの描く絵画。オルセー、オランジュリーなんて絶対に行きませんヨォ〜なんて思っていたのに、ある日ドビュッシーを陶酔しながら聴いていたら、不意に目の奥の巨大スクリーンに映し出されたモネの睡蓮。嫌いだったモネに恋をするのに時間は全くかかりませんでした。モネが見たい☆モネ、カモーーン♫と、いつからか思うようになってしまいました笑。モネは国立西洋美術館の常設展に大きな作品がございます。

では、大好きなミケランジェリのピアノでペタりと♡ピアノの独奏が大好きなのでたまりません♡
Arturo Michelangeli - Claude Debussy 
“Reflets dans l'eau” クロード・ドビュッシー〜水に映る影〜


モネ繋がりでお話しが急に飛びますが、なんと☆新橋へと向かう京急線の中で、発見♩
心の中は絶叫しておりました♫

理策さんのワークショップが開催されるそうですが、申し込みしたいナ…とおもって見てみたら、受付終了。チーーン😔です。
理策さんの作品は、2014年のワタリウム美術館で開催されていた(ルドルフ)シュタイナー展でお目にかかりました♫
考えてみれば(考えなくても)シュタイナーも非常に表現主義的な幾何学的な思想の持ち主ですよネ☆そのことからも分かる通り彼が神智学協会を脱退した理由がよく分かります。

と、脱線してしまいました笑、話しを戻して、横浜美術館で開催♡とっても近いので嬉しいです♡最近、美術館にはとても縁があります♫
モネ繋がりで、春にポーラ美術館常設展で鑑賞したモネの一筆箋とポストカード♡私はモネの絵を前から見るのではなく横から見るのが好きです♡一筆箋はよく使うので度々ミュージアムショップで買いますが重宝いたします。
e0343821_21022734.gif


ということで、キュビズムの巨匠、ジョルジュ・ブラックの展覧会が24日までなので、これは何が何でも見逃せません。はい、待ち合わせは新橋に決定〜♫ここには私の愛するBubby’sがあるのです♡
汐留シティセンター内にあるのですが、この建物は昔、頭痛外来で通っていたビルでした☆ツラい偏頭痛持ちでしたが、完治してからもう何年が経つのでしょうか。偏頭痛はツラいですよね。
そしてBubby’sの本店はニューヨークのトライベッカにございます♩まだ行くことができていないトライベッカ。次にニューヨークを訪れた際には絶対に行きたいと思いますが、観光化しており日本人がとても多いという噂です笑☆私も“お上りさん”をしたいとおもいます♫


Bubby’sの汐留店は、昨年末以来でした♡その時は、お友達とブランチを四時間ほどして解散☆私はその足でもちろんパナソニック汐留ミュージアムです。
昨年末に開催していた展覧会はコチラ↓

ここ数年求めていた表現主義を目にするときがきました☆たしか、クレーもあったはず♩そして常設展のジョルジュ・ルオー。
ルオーを通してジーザスクライストにまみえることが出来ます。
ルオーへの私の想いはこの紙幅では語りきれないので(紙幅はほぼ無限ですが笑)、いつか語りたいと思います♡そしてルオーを愛した昭和の偉人の方々。まずは世界にも誇るパナソニック、松下電器の創立者、敬愛する松下幸之助さま♫
いけない、またお話しが脱線してしまいました笑。


Bubby’sはみなとみらいにもあり、以前の桜木町駅ホーム下にあったBubby’sが大好きでしたが、桜木町駅工事のためランドマークプラザに移動してからというもの二回しか訪れておりません。以前の外が見える開放的なとても広い空間が大好きでしたのに、今では店内も狭くなってとても暗い照明。本当に残念でした。汐留のBubby’sは、外に面した部分がガラス張りで明るく開放感があります☆食事をとりながら、明るい光が入る空間に嬉しくもあり少しジェラシーです♡

母は、アボカドチーズハンバーガー🍔🥑、私は、卵乳製品OKなベジタリアン人間ですので、アボカド🥑とトマト🍅のエッグベネディクト♡
I ❤︎ Eggs Benedictです♩

飲み物は、二人ともコーヒー☕️❤︎
この日だけコーヒーを解禁いたしました♩
こちらのお店のコーヒーはオーガニックなのです♡二人とも二杯ずついただきました☕️✨
この日だけ解禁というのは、ある日『ハッ』としました。神経系にコーヒー(カフェイン)が良くないことは知っておりましたが、コーヒーをやめないと瞑想に支障をきたす。と…
コーヒーはまだしも、欲望を増幅させるアルコールは絶対にダメと過日にシスターの方がおっしゃっておりました。アルコール好きでなくて良かったです。コーヒーは、深い瞑想への入り口を塞いでしまいます。大好きな大好きなコーヒーですが、イースター前の節制のようにコーヒーをやめるのに苦労は伴いませんでした♫臨機応変にいただきます。コーヒーをやめると歯が白くみえますよ〜☆一石二鳥でした♡


Bubby’sでエッグベネディクトの写真を撮り忘れたので、今年のイースターのときに作りましたエッグベネディクトを載せたいとおもいます笑。
e0343821_15334133.gif
(左はアボカド乗せ忘れバージョン、右が正しい図です笑。パーフェクトにとっても美味しくできました♡)


 Bubby’sでの食事を終えて、一緒にパナソニックミュージアムへ行くか母に尋ねると、「行く」とのこと☆二十歳前頃までは、母とは度々一緒に上野の美術館へ行きました♫
e0343821_20014506.gif

ジョルジュ・ブラック、もう素晴らしいです。
彼は絵をずっと描いておりましたが、二次元的なものに限界を感じたのでしょう。晩年は、平面的二次元のものを進化させるかの如く三次元の立体的な、『完成』へと導くべくブラックの創作意欲はとどまることを知りません。
私にとっての収穫はとても大きなものでした。
出口部分にありましたとっても大きなポスターを撮影してまいりました♩

五島美術館に続き、パナソニックミュージアムのスタッフの方も、「こちらのボードをお使いください。」とお優しい言葉♡不安定な手の台の上で書いた読みにくいもつれた字とは違い、頑丈なボードの上でしっかりとした筆致で書くことができました☆
e0343821_16141301.gif

見たかった《静物》もありましたので大満足です♡ブラックの《静物》は西洋美術館の常設展にもたしかあったとおもいます。昔、写真に収めたはずです。以前にも申しましたが、西洋美術館の常設展のクオリティーの高さには言葉を失います。

先月、ロダン待つその国立西洋美術館へ行く機会を逸してしまいました。プラドの至宝、ヒエロニムス・ボスの『快楽の園』が来ていたら何が何でも行きましたが、うーん、ベラスケスか…。ベラスケスは好きですが、、、そそらないナー。でも常設展を無料で見ることが出来たので、惜しかったです。
というわけで、先月はこのチケット達を無駄にしてしまいました。
e0343821_20113038.gif


このあとも美術館ネタは続いてしまうのですが、母とのランチ場所や、パナソニック汐留ミュージアムを調べている途中、Google検索画面にでてきた『他の人はこちらも検索』の部分に、幾つかの美術館が掲載されており、たまたまその中に出光美術館があったので、ポチッと検索をしたらジョルジュ・ブラックに続き、また大絶叫です笑。ブラックを勝る絶叫でした。こちらを見て私が絶叫しないわけがありません♡↓


しかも調べた日が、開催終了前日の六月九日。えっ、明日で終わり?

「これは何があろうと行かなければ自分が廃れる。」(本当に廃れてしまう…)

しかも出光美術館、四十年ぶりのお披露目。次の開催はウン十年後かもしれません。前に(2013年)三井記念美術館で催された国宝 銘【卯花墻】を含む展覧会へ期間中に行くことが出来ず、その日からずっと【卯花墻】へ想いを馳せ、横浜そごうにある全国銘菓屋の卯花墻を見るたびに心が苦しくなり…。しかし昨年のトーハクで催された[茶の湯]の展覧会でやっと四年越しの想い、めでたく初対面を果たすことができました♡という感じで、見られないと後悔の嵐で本当に自分が廃れてしまいます笑。


そして…行ってまいりました出光美術館♫最終日☆
閉館前に行ったら空いてるかも…とおもい、午後四時前に到着しましたが、お休みの日なのに思ったよりも人が少なく平日感覚で見られました♡展示品にはもう言葉がありません。古今東西美術品と呼ばれるものの中で、私が一番愛する美術品は、青磁です。
兎に角、『眼福』のひとことです。しかし、この展示数なら一時間あれば大丈夫かな〜なんて軽く見積もったのは間違いでした。青磁への想いが大変強いため、一つをじっくりと見る時間が長過ぎるのです。じっくり見ては目録に鉛筆で書き込みという作業があるので進みが遅く、、、。
しかも大好きな景徳鎮窯が一番最後にあり少し急ぎ足での鑑賞。ですが、見渡す限りの青いお色に、身も心も浄化され大満足です♡


大満足で終わりましたが、出口を出た横に小さな一室があり、またしてもルオーの絵。ビックリいたしました。ほとんどの方はこのルオーを通りすぎて行きます。なんとも勿体無い、、、。ですが、私も七、八年前は通り過ぎるそのうちの一人でした。


出光美術館は初めて伺いましたが、とても〝感激〟をいたしました。

昨年、サンディエゴ行きのJAL機内で観た30分ほどのオーディオプログラムのなかにこの〝感激〟の原点があります。

出光興産創業者である出光佐三さんの物語り。と言っても、佐三さんの趣味である骨董やアート蒐集家としての一面を取り上げた内容でした。

それは本当に素晴らしい内容でした。座席でひとりウルウル。涙

日本の誇りともいうべき人物である出光佐三。

調べてみましたら、これは2015年にテレビで放送されたものだったのですね♫3分ほどにまとめた動画もありましたので、ポチりと押して是非ご覧ください。

自宅のテレビは地デジ以降買わないことにしたので、このような素敵な番組が放送されていただなんて知る由も無かったのですが、機内で観られて良かったです☆心のビタミンになるような、このようなハートフルな番組ばかりだったらテレビの価値というものもあるのですが…

しかし一時間半の番組とは知りませんでした。もっと観たい!というところで、終わってしまったので、日本国不滅の栄誉である日章丸事件(事件という言葉は些か気に入りませんが…)についての背景は編集されてしまったのだと思います。飛行機には様々な人種の方がいらっしゃいますものネ。

日章丸のヒストリーは、涙無くしては読むことが出来ません(wikiを読んで泣きました)。『海賊と呼ばれた男』という本の著者である百田直樹さんは311の震災後に、人々の心を鼓舞するようなものが書きたい、小説とは人々を元気づけるためにある、という気持ちから色々と調べていたところ、出光佐三に出会ったといいます。そして日章丸事件をそのときに初めて知ったと。私も、日章丸事件を知ったのはここ最近のことです。百田さんは右翼とよく言われておりますが、私は以前から彼のツイッターを度々見ておりましたが、とても愛のあるお方だなとお見受けいたしました。汚い言葉で批判的な意見をぶつけて来る輩たちに対しても丁寧に答えている姿勢は立派です。右翼ではなく、ただこの国を、ただ愛しているお方なのです。私もこの国をとても愛しております。古事記を知ればいやでもこの国を愛するでしょう。古事記も知らずに神社でお願いをすることは神様に対して失礼にあたります。然も、神社とは、お願いをする場所ではなく、感謝をするために参る場所です。

この本の内容と、以前から目にしていた本の題名が一致したのは最近のことです。普段から手に取る本が違うと、世間で売れた本、映画化されたとはいえ知ることはありません。私の伝えたいことなどが、百田さんの言葉によってインタビュー形式で簡単に記されておりますので是非ご覧ください♩

通産省が関わっていたことなども記されているので、成る程な…と。私が以前付き合っていた方のお父さまが、元通産省にお勤めの方で、帝国◯油の元代表取締役社長でしたが、私が当時このヒストリーを知っていたら、一般人が知らないようなすごいストーリーをたくさん聞けたのだろうなとおもいます。

私はイランが好きだから尚更のこと当時の佐三さんの決断が嬉しいです。少し前の話しですと、アメリカのケリー元国務長官もイランとの情勢について頑張ってくれました♫が、仕事にやる気がないから任せたのに、ケリーさんがこんなに仕事のできる人間だとは思わなかった彼らはビックリ。この先のことは書かずにおきたいとおもいます。以前は嫌いだったケリー元国務長官、今では好きなアメリカ人のひとりに含まれました☆


戦後、素晴らしい方々の武勇伝的逸話は枚挙に暇がありません。数多くの偉大な魂がこの戦後という時代を支え、日本を高度経済成長の時代へと導いてくれました(幸之助さまも然り)。佐三さんのお墓に詣でて御礼を伝えたいですが、きっと、巨匠黒澤のお墓のように親族以外は入れてもらえないかもしれません。今残る偉大な魂を宿した敬愛する稲盛和夫さんにはまだまだ長生きをしてもらいたいです♪私も昨年、やっと初JAL✈️を経験いたしました♫


あとで佐三さんのお墓を調べてみようかな…♫もちろん、次郎さまのことは一ミリたりとも忘れてはおりません。

反米の人には怒られますが、私は、日本も愛しますが、アメリカも愛します♡
以前はブログに書くことといえば、私の好きなオヤツ🍭など、当たり障りのないことを書いていたほうが良いのだろうという考えでしたが、やめました☆


ついつい長くなってしまいましたが、この部分まで読んでくださった方、心を込めて御礼申し上げます。

皆さまにもたくさんの素敵なシンクロニシティが起こりますように♡










by flowerofkent33 | 2018-06-17 14:07 | 日常の出来事

LA

過日訪れた初のLAでのRetreat内でのひとときは課題ある日々でした。


ちなみにRetreatとは…こちらのご説明が良いかな、、とおもいましたので、URLをペタと。


キナリノさまからお借りします☆

自分と向き合う、自分を高める時間と申しましょうか。心身を休めたい方もいらっしゃれば、更なる高みを求めて訪れる方もいらっしゃいます。


e0343821_16302667.gif

上記の風景は、ビジターの方は見ることができない風景です。


ここから階段をくだり湖に参ります♩

e0343821_16335953.gif


言葉では表せないような青緑色の湖。

e0343821_16392421.gif

まさか自分がこのPalisadesに来るとはおもいませんでした。

e0343821_16411311.gif

二羽の白鳥。パラマハンサ・ヨガナンダジの《パラマハンサ》とは、《至高の白鳥》という意味です。

白鳥をモチーフとしたものはSan Diegoからほど近いRetreatにもございます。

e0343821_16483535.gif

向こう側に見えるこんじき色の装飾をつけたアーチはこちらの僧院の象徴でもあり、その奥にはマハトマ・ガンジーの遺骨が納められております。遺骨が納められているものは基本的に撮影はいたしませんので、写真はございません♩

マハトマ・ガンジーといえば、昔、ガンジーの思想に助けられたことがあります。ある映画のDVDを観ていたときに俳優さんのセリフの中にあったガンジーの言葉に『ハッ』っと “気付き” をいただきました。あの “気付き” を得た直後、何倍も成長した自分がそこにいたので、その頃から更に様々な物事の裏側や、様々なものの本質がよく見えるようになりました。(例えば、超最新のIT技術が分かってしまうとか、私の携帯をハッキングしている人間とか、あとは他国の状況など…メディアは一切観てはダメですよ☆その国ひとつひとつをしっかりと見ることです。そうするとメディアの全てが嘘だと分かりますから。でも誰に言っても相手にされません。皆、メディアを見ているので☆ですから、公言出来ないのです…。自宅でも。)
人それぞれ与えられた役割が違うので、救う層も異なります。


e0343821_21170643.gif

こちらはクリシュナさまのお滝です♡

クリシュナさまはいつも歓迎してくださいます♩必ずある曲をかけてその存在を示してくださるのです♡

その曲とは、ジョージ・ハリスンのMy sweet lord ↓ペタと貼りました♩

一時、The Beatlesにハマり色々な曲を聴き漁りましたが、ダントツで一番好きな曲は、ジョージがクリシュナさまに捧げたソロ曲 “My Sweet Lord”

ジョージのクリシュナさまを想う愛が雪崩のように私の心に流れこんでくるんです♡彼は長生きは出来ませんでしたが、今も生きている物質的なポールやリンゴ (以前リンゴを調べていたら、はじめてのアルバムのシリアルナンバー1のものをオークションにかけて数億円を得たとか…) とは違い、ジョージはしっかりと神を見つけることが出来たので病に伏せてはおりましたが本当に幸せだったとおもいます。そんなジョージが亡くなった滞在場所はLA。それだけで伝わってまいります。

e0343821_21440928.gif

私の大好きなジョージの写真です♡これはジョージが30歳のお誕生日のときに撮影されたものです♡私も30歳のときにパラマハンサジを知っている人間になりたかったです♫

昨年はSan Diegoにほど近いRetreatに到着をしたその日、僧院から数百メートル先を歩いていたときに耳にふわりと入ってきたMy Sweet Lordのコーラス部分。

e0343821_21504611.gif

この建物の中から聞こえてきてビックリ♡壁面も大好きなデビッド・ボウイにプリンス♩未だに彼らが亡くなっただなんて信じられません。

そして2回目は今回のRetreatを終えて、大好きなWHOLE FOODSでお買い物をしているときです♫イントロどん!のように、はじめの伴奏だけでビンゴでした♡昨年はWelcome、今年はGoodbyeという感じでしょうか?

LA、Palisadesにある僧院は、鮮やかな花々で彩られておりました♩
e0343821_22022244.gif


e0343821_22033760.gif


e0343821_22060442.gif


e0343821_22063943.gif


e0343821_22070080.gif


キリストの滝から、上に聳えたつ僧院を一瞥。
e0343821_22093881.gif


こちらの思想の素晴らしさが垣間見られる小さな塔を数枚貼ります♡
e0343821_22125430.gif
キリスト教

e0343821_22134667.gif
イスラム教

e0343821_22143876.gif
ユダヤ教

e0343821_22150623.gif
仏教

e0343821_22152770.gif
ヒンズー教


すべての宗教への敬いがここにはあります。他宗教への尊重は、自分との違いを尊重することです。
日本では、宗教に対する概念が他国よりも遅れており、『宗教』という言葉がもはや禁止用語となりつつあることは残念なことです。


e0343821_22230859.gif
↑パラマハンサジの大好きな花、極楽鳥花。

3ヶ月ほど前、自宅から徒歩数分のローソンに買い物へ行った帰りにお花屋さんで神さまへのお花を買おうかどうしようか迷いつつ通り過ぎて数十メートル、やっぱりお花を買って帰ろ〜♩と、戻ってお花を買いお支払いをしているときにふと斜め上を見上げると、目線上に極楽鳥花が売られているではないですか♡もう有り得ないほどに驚き、お花屋さんに「このお花もクダサイ!」と力んでお願いをしてしまいました笑。日本で極楽鳥花に会えるだなんて♫知らなかったので本当に嬉しかったです☆今はもう時季が終わってしまったので、また来年の入荷になるそうです。やはりGod Firstですネ♩神さまを一番に考えることの大切さ。

下の写真は、先日まで咲いていた自宅の極楽鳥花です☆青い空がなければ、色も鮮やかさを失います。
e0343821_22355333.gif


LAでは、Palisadesの僧院だけでなく、本部にも足を運びました☆

e0343821_22384117.gif
中央の木は、こちらに拠点を構えたときにパラマハンサジが植えられた木です。この木を見るたびにインドを懐かしく思われたそうです。


e0343821_22404195.gif
建物の後ろの大きな木は、ダヤ・マタジが植えられた木です。身長が170cm以上と大柄だったお方、さすが木の成長も凄まじいですね♩


e0343821_22423869.gif
美しい蓮のお花。


e0343821_22445987.gif
パラマハンサジといつも瞑想をしていた木


e0343821_22455654.gif
親しい友人のルーサー・バーバンク氏が人口育種したトゲのないサボテン、ウチワサボテン。新芽の部分はトゲがありますが、成長するにつれて自らトゲを落とします。バーバンク氏は、サボテン達に、「ここは安全だよ。攻撃するものは誰もいない。そんなトゲで身を守る必要は無いんだ。トゲを捨てよう。」と声をかけていくうちにサボテンのトゲを無くさせました。
偉人バーバンク氏を称えて、バーバンクという駅がLAにはあります。


e0343821_23011916.gif
こちらにも極楽鳥花♡


e0343821_23055235.gif
パラマハンサジの日時計です。
刻まれたTIME IS VALUABLEという言葉、時間の貴重さを常々おっしゃっていたそうです。


こちらは、パラマハンサジの楽しい日々、苦しい日々、たくさんの想いがギュッとつまった素晴らしい場所でした。


e0343821_23103766.gif
また伺いたいです☆


次はEncinitas〜Del Marに早く行きたいナ♡
私はこちらのほうが好きかもしれません。LAは賑やかな場所なので雑念も多く感じます。

お部屋のバルコニーから撮影した写真です。
e0343821_13324319.gif


San Diego近くの僧院は周りも静かですから物理的に余計な想念が少なく過ごしやすいです。


e0343821_23162623.gif
こちらの写真は、昨年の11月に撮影をしたサンディエゴにほど近い僧院の公園内にいるアッシジの聖フランチェスコ。暖かな夕陽を受けていますネ。2016年12月に初めて訪れた時、聖フランチェスコがいることに驚きました。私が聖フランチェスコを知ったのは、三年半ほど前。聖母さまについてのお話し会に行った際に配られた〜聖フランチェスコの祈り〜で知りました。鳥が大好きな聖フランチェスコ、この聖フランチェスコの木の下で瞑想をしていると、ものすごく賑やかな鳥たちのさえずりが聞こえてきて瞑想どころではありません♩聖フランチェスコの祈りは私のとても好きな祈りのひとつです。

そうでした、鳥のさえずりを聞いていると思い出してしまうことがひとつ、、、

ピエール=ロラン・エマール『鳥のカタログ 全曲』
春に発売されたこちらを早くGETしなければなりません♫



レモン無き今、オレンジジュースでFasting(パラマハンサジおすすめの断食法です)をしている本日の最後の写真は、こちらの写真で締めくくりです♫
e0343821_23244761.gif
アニヴェルセル〜☆

e0343821_23250575.gif
からの、大好きなオモサンの交差点♡

少し前から、大好きな表参道で習いごとを始めました。宙に浮いたお金を有効投資です♩終わってから根津美(術館)にも行けちゃいます♡でも気になる展覧会が開催されておらず…。
通っているうちに一度はアニヴェルセルでカフェをしたいとおもいます♡
さらにステキなハーブティーブレンドが作れるようにしっかりとお勉強をしてランクアップいたします☆

頑張ります♫







by flowerofkent33 | 2018-06-16 23:25 | 海外

痛恨のミス…からの回想♩

ひゃあああああ。


という叫びから始まります笑。


ここ最近、ある数字をずっと見ていて、まさかな〜とは思いましたが、馬に関係していたので、当たるのかも☆なんて思っておりましたら、今日の安田で馬単きました♡


ですが、買っていなかったのです、、、


おとといお風呂からあがるときにゼッタイに馬単でアレとアレを買うぞーとおもっておりましたが。ガーンです。こういう時って、当日に悩んで決めるのではなく、もうすでに数日も前から決まっているのです。


買わなければ当たっても意味がない、予想屋笑。

100円が15000円になっておりました〜



昨夜は、こちらを観戦♩日本のお馬さんよりも、私的にはヨーロッパのお馬さんのほうが詳しいので観ていて面白いです☆ですが、アメリカのお馬さんをもっと勉強しなくてはなりません。

e0343821_19213746.gif

優勝をしたのは、愛しの殿下のお馬さんでございます♡

ジョッキーは、イケメン・ウィリアムくんです♪
こちらのイケメンくんを、とある部屋で目の前にしたときは、あまりに可愛いお顔で誰だか分かりませんでした笑。2013年の5月でしたので、あれから5年の月日が経っております。
初のダービー制覇♡名実ともに大人への仲間入り!なんだか感慨深いですネ♩

尊敬敬愛をしている殿下♡殿下はドバイ首長国のトップ、そしてUAEというくくりではNo.2のお方です。
おめでとうございます🎉🎊🍾㊗️
とにかく長生きをしていただきたいです。
イケメンの息子さんもいらっしゃっておりました♡

e0343821_19294384.gif


そして、大英帝国のトップ。

e0343821_19323108.gif
女王、昨日は淡い紫色でした☆


ロイヤル所有のA競馬場には訪れておりますが、こちらのE競馬場にはまだ訪れたことがないので、是非とも行きたい競馬場のひとつですが、どこの競馬場に一番行きたいか?と聞かれたら、やはりこちらでしょうか。

e0343821_19403408.gif

こちらのS競馬場は、愛しのカリフォルニアにございますが、カリフォルニアびいきだからというわけではなく、この荒々しくワイルドな山をバックに…素敵です♩


2016年の秋はアメリカのK競馬場♩ハットは、友人の帽子職人さんに写真とイメージをお伝えして作っていただきましたが、すれ違う方々に「あら、素敵☆」と言っていただけて嬉しかったです。そしてこの棟にはリッチー・サンボラもいらっしゃって、ツーショット写真もGETです笑。




そうそう、2014年に訪れたニューヨークの競馬場では、10万人が来場。必ず毎年何か起こるB競馬場、その年は電車が止まり数万人が足止め。その前年はトイレが壊れて大惨事だったとか…。訪れた年が前年でなくて良かったです笑。
行きはホテルから素敵な車で行きましたが、帰りは電車だったので、さあ大変!でもここで助けてくれたのは、やはりGod♡あの日上弦だった月讀みさまを見つめて一心にお願いをしたらしっかりと受け止めてくださり帰るためのヒントを私の視界に与えてくださいました。きちんと救っていただきました♩下手をしたら帰宅困難者となり夜中〜翌朝まで場内にいたのだと思います。バス〜電車でマンハッタンまで帰り、たまたま降りた場所には素敵なレストランがあって、格好もブルーのワンピースドレス (靴はテイラー・スウィフトの真似をしてトングタイプでカジュアルダウン) でしたので臆することなく入店♩ホテルに着いた時にはすでに23時をまわっておりました。あの大惨事の中トングサンダルには本当に救われました♡ヒールの女性は大変だったとおもいます。
ひさびさ、マンハッタンにも訪れたくなりました♩


というわけで、本日の馬券を買わなかったのは私のミス。是非とも、次もお願いいたします!なんてそんなに甘くはありません…。


ではこれから、瞑想をするためお部屋に籠りたいとおもいます♩最近は瞑想もトレンドの一部なので、重たく感じる方も少なく良い傾向だと思います♡


そのあとは、本日はフランス国を観戦です🏇


そんな私が一番飲む大好きなブレンドはもちろん♡

❁癒湯tea❁serendipitea セレンディピティー[ティーパック 1.7g×5個]

↑コチラです (ポチッとタップするとセレンディピティーの画面に飛びます)♩♩♩偶然と出逢う絶大なる効果は自分が一番理解しております☆

是非お試しくださいネ♡














by flowerofkent33 | 2018-06-03 19:11 | 日常の出来事