大晦日

皆さま、本年は大変お世話になりました♫

近所で除夜の鐘が聞けるということで、行ってみましたところ、その列に並ぶと、ひとりひとりが鐘を鳴らすことができるそうです。

寒空の中、列を成しているみなさんの笑顔がそれぞれとってもほころんでいて和みました♩

e0343821_00384226.jpg



十三夜のお月さまとおどう
e0343821_00384497.jpg


知らない間に撮っていた一枚なのですが、こんな写真に芸術的良さを感じられることは嬉しい進歩です☆
e0343821_00384626.jpg


皆さまも良いお年をお迎えください♡




by flowerofkent33 | 2017-12-31 23:52 | 日常の出来事

後押し。

病を治すのは、ハーブではありません。ハーブは薬ではありません。


ご自分の身体のひとつひとつの細胞がもつ自然治癒力です。


ハーブは、皆さまがもつ自然治癒力の後押しをするためにあります。


文章というものは、勢いで書いてしまうとその意図が変わり大変攻撃的なものになります。


ちょっとした緊急提言でございました。


ちなみに、わたしが勢いで書くことを今ひとつあげるとしますと、、、


今回のスターウォーズの感想でしょうか。(ここでは書きませんが、、、苦笑)


そして、HuluとNetflixがハリウッド界へ与える高すぎる代償。


月々980円では到底、割に合わないでしょう。(わたしは、Huluには約一年ほどお世話になっておりますが♪)


ここ数日、人のふり見て我がふり直せ、を改めておもう日々です。






by flowerofkent33 | 2017-12-27 00:20 | 日常の出来事

Merry Christmas♪

ひとり三賢者、昨日無事にミルラもGETできました♡

生まれてから今まで、たくさんのクリスマスツリーを見てきたとおもいます。
そのいままで見たクリスマスツリーのなかで、一番綺麗だった忘れられないクリスマスツリーは、昨年見た僧院のダイニングに飾られていたクリスマスツリー🎄でした☆


e0343821_13093939.jpg



e0343821_13091380.jpg




e0343821_13084564.jpg



e0343821_13082423.jpg


クリスマスなのに、これから歯医者さんです笑💧以前の歯科矯正の先生からこの度ご紹介をいただいた先生は、「英語ペラペラのブッとんだ先生だよ。」ということなのですが、先生と患者の相性などもあるので、合う方だといいな、、、☆


素晴らしいクリスマスをお過ごしください🎄🎅🎁💫





by flowerofkent33 | 2017-12-25 14:05 | 日常の出来事

東方の三賢者

今、、、これでいいかな~、、、とおもいながら、棚に置いてある白紙の束を手にしたときに目に入った金色のひかる小瓶。


その瞬間の私の心の中は大絶叫です、、、


昨年訪れた、サンフランシスコにあるミッションドロレス教会のお土産コーナーの目立たないところに置いてあったこちらの小瓶。

e0343821_20175686.gif


【マタイの福音書 2章10~12節】

9:すると、見よ、東方で見た星が彼らを先導し、ついに幼子のおられるところまで進んで行き、その上にとどまった。

10:その星を見て、彼らはこの上もなく喜んだ。

11:そしてその家に入り、母マリアとともにおられる幼子を見て、ひれ伏して拝んだ。宝の箱をあけて、黄金、乳香、没薬を贈り物としてささげた。



ちなみにこちらは、大好きなジョット(・ディ・ボンドーネ)の [東方の三博士の礼拝]です。スクロヴェーニ礼拝堂(イタリア)に描かれているジョットのフレスコ画42作のうちの一つです。この礼拝堂は死ぬまでに必ず行きたいです。

e0343821_00264058.jpg


そうです、神棚に今、こちらの24金のお粉(MADE IN USA)が入った小瓶を捧げました。

そして乳香とは、フランキンセンスのことです。
今、フランキンセンスのお香も焚いております。


残るは、、、没薬、、、ミルラですネ。


東方どころか、この果てしなく極東に住むわたくしはミルラを探す旅(LOFT or ハンズ)に出なければなりません♩


写真はミッションドロレスのポストカードです。ミッションドロレスには2度訪れておりますが、いつもとてもあたたかなご神気が漂います。

e0343821_20181474.gif

カードの真ん中には私の高校時代からのアイドル、ヨハネ・パウロ2世がおります。初めてミッションドロレスチャーチを訪れた時、ヨハネ・パウロ2世がご訪問された記念すべき教会だったということを知り感激でした♪


ミッションドロレスに行った際の写真もでてきましたのでペタり。


e0343821_20392354.jpg


e0343821_20450804.jpg


e0343821_20401480.jpg



e0343821_20415949.jpg

e0343821_20454408.jpg



では、、、ひとり三賢者、、、頑張ります166.png177.png













by flowerofkent33 | 2017-12-23 20:13 | 日常の出来事

ビーーーーール

アルコールは本当に時々しか飲みませんが、、、といいましょうか、運の良いことに(アルコールは心身の神経系によくないため)、飲みたいものがそのあたりに売っていないので、飲みたいときはいつもネット注文です♪

以前の写真をペタり。

e0343821_20320358.jpg


ビールは、メキシコ産Dos Equisのambar、もうひとつはアイルランド産のMurphysなのですが、さきほど作業中にカレッジ(UAB vs Ohio)のアメリカンフットボールをSC(アメリカのスポーツチャンネル)で聞き流していたところコマーシャルで聞き慣れた声が、、、、、顔を上げて画面を凝視しておりましたら、、、


やっぱり❢❢❢ ひさびさにきましたーーーー❢❢❢


Dos Equis❢❢❢❢❢ ↓↓↓youtubeを貼りました♪



↓↓↓そうしたら違う場所で見慣れたお顔がいらっしゃる❢❢❢❢このお顔は皆さんもご存じの方がなかにはいらっしゃるはずです☆youtubeを貼りました♪


そうです、Rob RiggleがDos Equisのコマーシャルに出演しておりました笑。

とってもどうでもよいことなのですが、私にはもうもうたまらないコマーシャルなので思わず拡散デス、、、



でも昨年、LAのメキシコ料理屋さんでみんなで飲んだ時はあまり美味しく感じられず、、、うーーーん、何故でしょう。おそらく瓶ではなく、注がれて出てきたからでしょうか、「へっ?」となりましたときの写真もペタり。お酒に強くないので外では、わたしはいつも数口だけもらいます。

e0343821_20322853.jpg


メキシカンフードが一番好きなので、ファヒータはよく作りますが、次はフリホーレスのエンチラーダに挑戦しようとおもっております166.png173.png
ここ数ヶ月間、ワカモレ(ただ潰して塩コショウ)を週に3回はパンにのせて食べていたので、この習慣は今また復活させたいです♪アボカドの栄養はとってもすごいんですヨ❢❢
パラマハンサヨガナンダジもアボカドの栄養の素晴らしさをインドに帰国した際、ガンジーに話していたほどです♪



そして、、、アルコールは上記のビール以外にワインも大好きです☆
ただ少し前に分かったことが、、、かの石井さん(スーパーマーケット)のワインのバイヤーの方と私は、ワインの趣向が違うようで、、、もう石井さんでは買わないことに決めました、、、残念。。。

今のところ、まったく違う国の赤数本の趣向が私の好みとまったく違うのです、、、。そしてどの国の赤も同じような趣向、、、。
このバイヤーさんの好きな赤の趣向が少し分かったような気がいたしました。私もたった数本で諦めるなんて、、、たった数本でバイヤーさんの趣向を決めつけるなんていけませんネ、、、笑。
白だったらどうなのでしょうか、、、。白はまだ試しておりません、、、
お店との相性、これはなんだか、おもしろいです♪


そして、今年4月に鎌倉へ、お三方(小林秀雄さま・杉原千畝さま・巨匠黒澤)の場所に詣でてまいりましたが、巨匠黒澤の墓前に立つことは出来ずに、マッカランの小さな瓶を持って帰ってきたことがキッカケで、ウイスキーは苦手でしたが、初ウイスキーをいただいたところ、ホワイトティー(中国茶)で割って飲んでみたら、、、


なにこれ♡合うーーー❢❢❢


これはこれはびっくり♪となりました笑☆


秀雄さまには勿論ぽん酒、千畝さまにはオーガニック赤ワインをお持ちいたしました♪


秀雄さま墓前(秀雄さまの墓前はいつも表には出しませんのでこの部分だけ♪) 五輪塔に彫られている仏さまがわずかにお見えになってますネ☆


e0343821_21012665.jpg

花の盛りが過ぎようとしている頃の東慶寺


e0343821_21070319.jpg


e0343821_21073043.jpg


北鎌倉


e0343821_21064073.jpg

千畝さま墓前

e0343821_21002868.jpg


そして、、、墓前は親族のみということで門前払いをうけました(以前は立ち入りが自由だったらしいです)、巨匠のいらっしゃる安養院

e0343821_21014220.jpg

e0343821_21022410.jpg



また近々、秀雄さま、千畝さまと、伺わせていただきます♡ 
次は西田幾多郎さまの墓前にも立ってみようかとおもいます。


ハッ、、、その前に、、、次郎さまと正子さまでした、、、。




話しはアメリカに飛び、、どうしようかな…カレッジに移行しようか…。
NFLはRaidersを応援していたのですが、OaklandからVegasに移る(2020年)ということで、今聞き流しつつ観ていたカレッジのアメリカンフットボールが意外におもしろかったのでカレッジを応援してしまおうか、それともNFLの他チームを応援しようか、、、どうしようか、、、。
というひとり言で〆しめ、デス☆


HAPPY HOLIDAYS177.png









by flowerofkent33 | 2017-12-23 18:45 | 日常の出来事

冬至~一陽来復~

なんだか綺麗だったのでパシャり♡横浜元町のイルミネーションです。

e0343821_22404663.jpeg


(季節の御祭り<神さまに捧げる祭礼>が大好きなわたし、、、なのに、今年は慌ただしく新嘗祭のことをすっかりと失念しており、なんたる失態、、、神さまゴメンナサイ。)



では気を取り直しまして、、、本日は冬至です。太陽の力が一番弱まる日、北半球では一年のうちでもっとも昼の時間が短い日。


夏至の日と比べると、昼の時間が4~5時間ほど違います☆


そして一陽来復とは、暗い冬が終わり明るい春が訪れるという意。神社仏閣では“一陽来福”と書くところもあるそうですが、そちらの意味も素敵ですね♪


“一陽来復”には、冬至を境に運気も上昇するという意味もあります。その“運”があがることを願い、冬の七草であるカボチャを食べます173.png


冬の七草とは、、、

1:ナンキン(カボチャ)
2:ギンナン
3:レンコン
4:キンカン
5:カンテン
6:ウドン
7:ニンジン
(8):コンニャク

ン!


ほほぅー。。。となりました、わたくしです。


が、、、うどん?ウドン?、、、、うーん、小麦で出来ているけれど、まぁいっか。となりましたが全てに
“ん”がついております。


今日に限らず、しっかりと “運” をたくさん取り込んでまいりましょう♪


そして冬至にかぼちゃとともに食べられる“小豆”。


中国最古の医学書である“本草”に、小豆は「鬼毒を殺し、痛みをとめる」と記載があるほどの効果効能を持つことが知られております。


ご自宅でお赤飯も簡単に作れますので是非“ハレの日”にどうぞ169.png


もち米と小豆(有機が好ましい)をご用意いただければあっという間にできちゃいます。


〇かんたんお赤飯〇

白米:一合
もち米:ニ合
小豆:80から90グラム
水:約700cc
黒ゴマ・塩:適量

<作り方>

1:白米ともち米を一緒に洗う

2:小豆を洗う

3:お鍋に小豆が浸るくらいの水(分量外)を入れ中火よりも弱めの火で2-3分ほど茹で、小豆をザルにあげて茹で汁は捨てる

4:
小豆をお鍋に戻し、分量のお水を入れ、もう一度15分ほど、小豆をかために茹でる

5:
小豆をザルにあげ、ゆで汁はとっておく

6:炊飯器に1のお米と、5の小豆のゆで汁(炊飯器の水の分量のメモリを参考に)、小豆を入れてスイッチON!

7:器に盛ってごま塩をぱらりとふりかけて出来上がり179.png

とっても簡単です162.png



柚子が余ったときは、、、柚子バスソルトにしてしまいましょう♪

〇柚子ポプリ〇

1:柚子の皮を剥き、細切りにする

2:粗塩と柚子の皮を混ぜ合わせて瓶に詰め一週間ほど放置する

3:出来上がり♪の柚子モイストポプリを小さな器に盛るなどして玄関などのお好きな場所に☆お茶パックに詰めてお風呂のなかに♪お塩でお肌もツルツルになります☆




この冬至を終えようとするその時、暗い夜の降誕。


キリスト(油を注がれた者[
救世主]の意)が誕生した日は、聖書には載っておらず、実は定かではありません。


コンスタンティヌス大帝が313年にキリスト教を公認(ミラノ勅令)し、キリストの生誕日を12月25日と決めたわけですが、世界史好きの私としては、325年のニケーア公会議でアリウス派が異端とされたことについては異議を唱えます、、、。というお話しは横に置いておきまして、この暗い夜を終えるさ中にベツレヘムで煌めくひとつの星。闇が光へと転じるこの冬至がイエス・キリスト降誕だったのではないかとわたしは思っております。


冬至祭が、キリストの降誕の日と考える研究者も多いそうです。


かのケイシーさん(エドガーケイシー)は、24日の日没から25日の日没までがクリスマスだとおっしゃっておりますので、降誕の年の冬至が24日だったのではないでしょうか。


昨日届きました“約束の地 カナーン” のオリーブオイルで喉を潤しましたが、パレスティナは今では簡単に行くことができない場所なので、この地のものを手にするととても胸が熱くなってしまいます。ベツレヘムはカナーンにありました。ナザレはもっと北上をしたところにあります。




わたしのなかで一年のはじまりは、元旦であり、春分の日であり、、、冬至の日・・・でもあります。


皆さまのクリスマスが素晴らしい日になりますように願いをこめて・・・









by flowerofkent33 | 2017-12-22 22:37 | 日常の出来事

赤い色

ここ数日の瞑想中、目を閉じていると一瞬だけ飛びこんでくる画像があります。


しかし、アメリカのイエローストーンが映ったのは何故だったのかな、、、と。数年前から気になってはおりましたが、そんなまさかは多分無いと思いますが山火事が多いだけに心配です。。


では、本題の赤い色でございますが、神のご意思とおもいそれをご用意いたしましたものをパシャ📷✨

e0343821_10404959.gif

赤い生地です。


赤い飾り付けのような画像と、その翌日には白いような、ピンク色のようなお花の画像が目を閉じた目の前に映りました。


しかしながら赤いもの、、、、と思いながら2日ほど放置してしまったら、街を歩いていたときに目に入った神からのメッセージ。

『神の思考を優先しなさい。』

(その者が分かるような見せかたで偉大なる方々はメッセージを送られてまいります。皆さまにもきっと送られているはずです。聞き取ろうという意思を持てば必ずさまざまな場所でそのメッセージは見えます。)


ひやぁあああ。


神棚を赤くするようにとのご指示とおもい、お船の形をした建物内にある(このお船の形をしたショッピングモールは好きです♫)ユザワヤさんで購入いたしました。
お花は、スイトピーのような、トルコキキョウのようなふんわりとしたお花の画像でしたが、お花屋さんに無かったのでピンク色の薔薇を。


お花は、お花が少ないとのメッセージです。
果物はたっくさん置いてあるのですが笑、お花と果物の量が釣り合っておりません、、、
波動は確実にイエスさまです。
12月からのクリスマスシーズンは、世界中の凡ゆるところにイエスさまの気が満ちております♡

キリスト教と色の関係を少し見てみたところ、、、

赤色の意味には、神の愛、そしてイエスの血の色(贖罪の血)、というふたつの対称的な意味が込められ、愛と寛大さを象徴。
白い色は、神の栄光、清らかさ、喜びを意味。
ピンク色も喜びを意味します。

ポインセチアはメキシコ原産、寒さに強くないのにその象徴を呈しているので、この時期には大人気です♪ 
玄関に飾っておりますが、直射日光が大好きなポインセチア は、午前中の日光のしたでたくさん日向ぼっこをさせております。
寒いと『ショボン、、』としてしまいますが、日光を浴びると元気に戻ります♫


イエローストーン国立公園のあの美しい光景が映ったのはいったい何だったのかな、、、と書いている今、久々の地震を感じておりますが、ここの地区は地盤がかたいので安心です。

郵便番号を入力すると、その場所の地盤の性質、震度5以上の時の揺れやすさなどを調べるサイトがあったのですが、どこだったかな、、、分かりましたら後日UPしたいとおもいます173.png


皆さまもなにか赤い飾り付けをお部屋になさってみてください♩お部屋の印象が少しでも変わると心もウキウキしてまいります☆


んん、、無言の圧をかんじます、、、お花をもっと追加しなくちゃいけません。お花がまだ少ないようです、、、汗💦












by flowerofkent33 | 2017-12-15 11:52 | 日常の出来事

ほっ、、、。

昨夜から、明日は出掛ける予定があるけれど、嫌な予感がするから外出したくないな〜、、、なんて思いながら眠りに落ちました。

そうしたら、今日の昼から出掛ける予定が、なんと、急遽無くなりました♪


ほっとしております。



数年前にも、そのときは夢でしたが、
『その日は危ないからやめておいたほうがよい。』
と取れるような内容の夢をみたことがありました。そして空海さまが出てまいりました。


考えを巡らせた結果、、、

行こうとしているとある建物内が危ないというお告げかもしれない、とおもいその建物内に入ることをやめました。
実際、その建物内の階に行っていたら危なかったとおもう要因があったので、やはり回避してよかったです。行かなければ何があるかは分かりませんが、分かってからでは遅すぎることもありますし、分からなくてよいことのほうが多いです。

上空が、一面ねずみ色の雲でおおわれていてものすごく冷え込んでいたあの日、その建物には目もくれず、二階の席で冷たいアイス🍨を食べながら想い出深い南麻布の交差点を見下ろしていたときのことをふと思い出してしまいました。

ホブソンズ、そのうちまた行きたいナ。



ハーブティーのご注文もたくさんいただいておりますので、午後の時間はしっかりと心をこめてお作りいたします♫


皆さまのこの午後の時間が健やかなときとなりますように、、、




by flowerofkent33 | 2017-12-12 12:58 | 日常の出来事

先週、1日だけの軽い断食をしているときに調べていたところ、、、蜂蜜よりも、メイプルシロップのほうが優等生という内容のお話しを見つけてしまいました。


皆さんに、飲みにくいときはハーブティーに蜂蜜を入れてください。と申し上げておりましたが、申し訳ございません、、、今すぐに撤回をさせていただきます。


これからはメイプルシロップを入れてください!!!

メイプルシロップは、赤ちゃんからOKな甘味です♫


そしてメイプルシロップは、あらゆる糖質の中で最もミネラル、ビタミンを含むそうです。


メイプルシロップ、蜂蜜、砂糖を比べた表です。(メイプルシロップ協会から画像をお借りいたしました。)


e0343821_17010475.jpeg


e0343821_17013757.jpeg


栄養分の割合は産地によって様々だそうですが、
自然のミネラルとして、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、マンガン、鉄、銅、リン、硫黄、等が含まれ、

ビタミンでは、ビタミンA、B1、B 2、B6、C、パテントン酸、等の栄養分の含有が確認されております。

※パテントン酸とは?
エネルギー代謝へ関与・コラーゲンの合成に必要なビタミンCの働きを助けて肌の健康維持・副腎皮質ホルモンの合成・HDLコレステロールの生成を促進・ストレスの緩和、不足すると皮膚炎や倦怠感、免疫力低下、副腎障害、成長障害、末梢神経障害などを引き起こしやすくなります。


そして、蜂蜜ですが、、、こちらは一般的には健康食品の一種として認識されておりますが、バランスのとても悪い糖質で、低血糖症を引き起こす元凶となるようです。
精製された白砂糖よりも害があるという見方もあるそうです、、、 (私はお料理全般にオーガニックココナッツシュガーを使っております。)


蜂は花々から蜜を集め、それを一旦消化して吐き出し、そしてそこに蜂たち独自の保存料を加え貯蔵します。
結果として出来上がるものは、人間にとって害のある生成物なのだそうです。
一旦蜂によって消化されてできあがった蜂蜜は、アルコールなどと同じように人間の血液の中に直接入り込み、インシュリンの極端な変化を引き起こして内臓器官に害を及ぼしていくということ、、、
高血糖症や、低血糖症は蜂蜜の摂取にも原因があるとも言われております。
ちなみにビーガン食品と思われそうですが、蜂蜜はビーガン食品ではありません。



メイプルシロップを入れたレモネードによる断食は、ただの水だけの断食とは違ってお腹も減りにくく、必要な栄養素を補えるので、気軽に出来るファスティングとしてオススメです。脳内と、心を満たしてくれる優しい甘さが、ファスティングの空腹感に挫けそうになっても食べたい衝動を食い止めてくれるとおもいます♪

朝食をレモネードだけ、夕食をレモネードだけ、というような簡単なファスティング、機会がありましたら是非行ってみてください。

しかし、メイプルシロップは、できればオーガニックのものを、そしてお財布が許してくれる範囲で質の良いものを入手してください。


オーガニックレモン🍋がたくさんあるので、少しずつファスティングの日数を増やしていこうとおもいます。

上記の資料は、下記を参考とさせていただきました。
レモネードダイエット実践法
The Lemonade Diet -- The Master Cleanser -- by Stanley Burroughs

しかしながら、ソルトウォーターバッシング(消化器官洗浄のための食塩水の大量摂取)は私はやらずにレモネードのみで今後は行いたいとおもいます。


昔から、夜だけの断食、1日断食をする際、ダイエットは目的としてはおりません。
昨今ではだいぶ落ち着いてまいりましたが、一時期のシリアの方々が背負った受難。とても心を痛めました。豊かな街であったアレッポ陥落のニュースに私の心は崩れ去ったほどです。
わたしの一食の食事がどなたかの空腹を満たしてくれますように、、という祈りのファスティングです。


「マタイの福音書」
6章17節
あなたがたは断食するときには、自分の頭に油を塗り、顔を洗いなさい

6章18節
それは断食をしていることが人に知れないで、隠れた所においでになるあなたの父に知られるためである。すると、隠れた事を見ておられるあなたの父は、報いて下さるであろう。



祈りのためでなくてもファスティングは、健康への扉を開いてくれます。

この健康への扉を開くと、、、

細胞や脂肪細胞などに蓄積された有害物質の排出
長寿の遺伝子への改変
血液浄化
ノンレム睡眠が長くなり成長ホルモンの分泌が増えることによる若返り
腸内環境が正常となり免疫が向上
便秘改善
肩こり、腰痛改善
偏頭痛改善
ニ型糖尿病の改善
ホルモンの分泌を正常にする
生理不順改善
骨折や靱帯損傷の回復を早める
怪我の治療を促進
ストレス緩和
代謝促進
冷え性緩和
脳内への血流アップ
等、書ききれないほどにあります。

しかし、周りに家族がいるととてもやりづらいとおもいますので、そのようなときは、、、
一食だけ食事をフルーツにする。
一週間だけ自分は肉を抜く。(お肉のファスティング)

このようなことでもOKだとおもいます。
自分だけのファスティング、是非気軽にはじめてみてください。


そして一番重要な心へのアプローチ。

食を抜くことで食への興味がうっすらと消えてゆきます。ファスティングをしている間は、終わったら何を食べようかな?という気持ちが続いたりいたしますが、終わってみると不思議にも、あれを食べるぞ!という気持ちがすっかりとどこかにいってしまうのです。

そして一時の飢餓感を克服することで、心には余裕と自信が生まれます。

そのときに何よりも重要なことは、情報もファスティングするということです。

不必要にネガティブになってしまっていたり、ストレスの原因の一部は、情報過多によることで余計なことを思考してしまう結果です。

西海岸でのリトリート中は、ブラザーや、シスターからの講話、説法があるのですが、ブラザーがインターネットの不必要性について語っておりましたがとてもよく分かります。

ちょうど夏頃に、わたしは全てのSNSのアカウントを削除していたので(フェイスブックは連絡を取るための手段なので存続中) 情報がいかに不必要なものかということが今は存分に理解できます。
第一時の情報をシャットアウトすると、それと並行するように必要とされる第二時の情報への興味が薄くなります。
その結果、時間にも余裕が生まれます。


しかしながら、これは、実際にやってみないと理解できないことです。(お仕事でSNSを使われている方は、仕事以外の情報は見ないようにする)

一番簡単にできることは、トップ画面をヤフー画面にしないことです♪
ポジティブなニュースよりもネガティブなニュースしかありません。

家の中でネガティブなニュースを話してくる人がいる場合は、実はこれが一番困るのですが笑、嫌な顔をせずに普通に聞いてあげるのが得策です。

1日数時間でも良いので、情報のファスティングを是非行ってみてください。

















by flowerofkent33 | 2017-12-11 11:51 | 日常の出来事

本日は久々に講演会を拝聴してまいりました♪


本日の内容はこちら173.png
e0343821_22453318.jpeg

メモ帳を置きスタンバイOKです164.png始まる前の様子、と言いましても黒板さんしかおりません。
e0343821_22435912.jpeg



そして、前回の講演会は、、、と。思い返してみましたら、都内でお話しがありましたこちらのシンポジウムでした。昨年の11月に行ってまいりました173.png

e0343821_21233415.jpg
e0343821_21235166.jpg

満員御礼でございました。

e0343821_21264772.jpg


でもこのシンポジウムの前に、どうしても立ち寄りたいところがあり、、、、、前回は(2016年3月末)タイミングが悪くその扉の向こうへ行くことができませんでしたが、この日はタイミング良く朝の礼拝を見学することができました177.png

大好きなラフマニノフのこの《晩祷》を度々、かなりの頻度で聴いていたお陰かもしれません♪↓↓↓(タップすると別リンクに飛びます)




e0343821_21314082.jpg

e0343821_21322522.jpg
e0343821_21361991.jpg
通称ニコライ堂の愛称で親しまれておりますこちらの日本最大級のビザンチン様式(私が一番好きな様式)の建物(国の重要文化財に指定されております)、東京復活大聖堂の正式名称は、日本ハリスト正教会教団復活大聖堂です。
ロシア正教会ではありませんが、ロシア正教会の大主教、聖ニコライによって正教が日本に伝えられたためロシア正教会の影響が強く表れているとのことですが、、、教会内の荘厳さに私の目が見開いたまま、、、息をのみました。

目の前の聖所にはおおきなイコン。わたしはイコン画(教会に飾られる崇拝の対象とする聖画)がとても好きなんです。好きな画家もチマブーエ、ジョット、マザッチョですもの、、、。ルネサンス前のビザンチン絵画は格別です。


そして聖所と啓蒙所(未洗礼の一般人が見学できる場所)の境目にある4本の柱に飾られた小さなイコン画。その下の燭台の上で幾重にも連なる、揺らめく蝋燭の炎を見ていると、心の中に神聖な炎が灯され、蝋燭の香りが身体を纏うと敬虔な表情があらわれます。


その日の帰宅後、ニコライ堂を調べていたらなんと、本当にびっくりしたことに、、ユダヤ人にビザを発行したことで知られております杉原千畝さま【聖名:パーウェル】が、正教徒であり、このニコライ堂敷地内にあったニコライ学院で教鞭をとっていたそうです。

杉原千畝さまは、私が小学生頃のときからずっと敬愛をしているお方です。

何度もお墓(鎌倉霊園)に詣でておりますが(今年は4月に行ってまいりました)、この事実を昨年に知ったときは更に親しみを感じ、ご縁を感じてしまいました。



スミマセン。お話しが脱線しすぎてしまいました、、、本日の講演会でございますが、私は先生のことを何も知らずに連れていかれたので初めはフィフティー・フィフティーの心持ちで聞いておりましたが、後半にさしかかるにつれて先生のお人柄がようやく分かってまいりました。

不特定多数に話すというのはとても難しいものです。
とても勉強になりました、、、

講演会の内容は後日アップしたいとおもいます。


そして今回の講演会では、私にとってとても大きな収穫がありました169.png



収穫の種まき、頑張ります165.png173.png














by flowerofkent33 | 2017-12-09 23:32 | 日常の出来事

ハーブのおはなしからさまざまな日々の出遇いまでを描きます