ハーブと運命の偶然性33の法則

keylime33.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

☯陰陽五行tea☯水の御茶

本日は、 ☯陰陽五行tea☯水の御茶 (←スマートフォンでご覧くださっている場合はこの上をタップしていただくと土の御茶の画面に飛びます♬)のご紹介です。



水の御茶はこのような方におすすめです☆

○塩分の多い食品をよく召し上がる方

○耳の違和感や耳の聞こえが良くないな~と気になっている方

○話し声が前に比べて低い声になってきた方

○食べることよりも寝ることのほうが好きな方

○ミネラルバランスに気を付けていない方

○冷え性な方



e0343821_16010448.jpg

五行水性の特徴は・・・

五官感覚器官のなかで『耳』は水性に属し、そして五臓臓器では『腎臓と膀胱』を支配しております。

耳鳴りや耳が遠くなるのは、腎臓の注意信号です。
生殖能力にも関係があり、耳が赤いのは、のぼせ性で持久力がありません。

腎臓は老廃物の排出をする役割をし、尿を膀胱へ送ります。水分調整の働きもいたします。
膀胱は言うまでもなく尿を排出する役割をします。精力と根気を司ります。

腎臓に病気があると、顏色は黒く、性格は神経質であったり、臆病であったりいたします。
耳の異常を起こしやすく、塩辛い味、しょっぱい味が好きで、冷え性です。
冬になると膀胱炎を起こしやすかったりいたします。

人体の生命活動を維持する基本的な栄養物質ともいえる〈精〉を貯蔵して五藏六府に供給し、健全な働きを維持し、全身に精力をめぐらせ、粘り強さや根気を生み出しているのは腎の作強の官と言われております。

作強の官とは、、、東洋医学の五臓のひとつである腎の別名で、成長や生殖能力を生み出し、細かい作業をやり抜き通す力が湧いてくるところでもあるので、この別名が付けられたようです。

子供の腎気は親からの先天的な精気を受け継いだもので、発育成長を促す基礎となるので、胎児、乳幼児では発育に影響し、思春期では成長に影響し、壮年期は精機能に影響し、老齢期は老化に影響いたします。

女子では7年ごとに、男子は8年ごとに腎気の年齢的消長があるとされているので、先天性の発育不良、早老化現象、不妊、精子不育、
性欲減退などが起こりえます。

腎は成長・発育・生殖能力を司る重要な臓器です。



水性は五液体液では『唾つばき』に属しますので、腎臓が弱ると、よく唾を吐きます。 腎臓に異常があると水液に現れるため、浮腫なども生じます。


五香は、『腐くされくさい』腎臓が弱っていると、何となく腐ったような臭いがいたします。


五声では、『呻うなる』。腎の支配を受けておりますので、腎臓に弱点があると、ダルそうな、面倒くさそうな雰囲気で、苦しそうな低い声の発声、話しかたになります。
意識をして声の通りやすい発声の仕方で話すように心掛けると腎機能が改善されてまいります。
声や音は振動、波動を内臓に与えますので、とても影響があります☆


五味は弱くなった五臓が要求する味覚です。水性は『辛』です。腎体質は、塩辛のような塩分の濃い辛い食品を好みます。食べ過ぎると腎臓や生殖器、排泄器官に悪影響を及ぼすことがあります。

水の性質の方のための養生食は、 赤い小豆、栗、長芋、にら、黒大豆、クルミ、羊乳、蓮根、人参、胡瓜、ゴボウ、パセリ、ほうれん草、じゃがいも、山芋

※良くないもの
にんにく、ウド、湯葉、胡椒、からし、わさび、カレー粉

【重要】養生食を食べることも大切ですが、一番大切なことは、、、上記の≪良くないもの≫を食べないことが一番の養生となります。

塩辛いものは控えましょう♬


感情の分類では『恐・驚』
恐れ、驚きの感情は、気を乱して腎を害します。腎を患うとちょっとしたことで驚きやすくなったり恐怖感を持ちやすくなるようです。


水性は寒邪を嫌います。冷えは大敵です。寒気は肉体の陽気を奪い、陰に傾いて腎を痛めてしまいますので、冷たいものの飲み過ぎ、薄着にはくれぐれも気を付けてください。


そして、腎が健やかな状態のときは髪が黒々として太く艶がありますが、弱まると白髪や脱毛が生じてくることがあります。


“腎は骨を主り、髄を生じ、脳に通じる”といわれ、骨の異常・腰痛・思考力の低下・物忘れなどは腎機能が低下したときに多く、骨粗鬆症、健忘症、認知症などとも深く関係しています。
発育、成長だけでなく、更年期以降の健康にも腎が大変大きく関係をしております。



健康診断を受けると診断結果のなかにクレアチニンという項目がありますが、

その前に“クレアチニン”とは、、、筋肉を動かすときに必要なアミノ酸が分解されたあとに出てくる老廃物です。
クレアチニンは筋肉周辺の血流に乗って、最終的には腎臓にたどり着きます。
そこで血液が濾過されると、老廃物であるクレアチニンは身体には不要な物質ですので、血液に戻されることなく尿として排出されますが、腎臓が弱ると濾過機能が衰えて、クレアチニンが尿ではなく血液に戻されてしまうことがあります。

ちなみに診断内容は、[区分]腎機能 [項目]クレアチニン(CRE) [基準]男性 ~1.00mg/dL 女性 ~0.70mg/dL となります。
このクレアチニンが腎臓疾患の元となります。
健康診断結果で
クレアチニンが基準値をオーバーしてしまった場合、急性腎炎、慢性腎炎、腎盂腎炎、腎臓結石、腎硬化症、腎不全、腎臓がんなど、主に腎臓疾患を疑うことができます。

こちらの水の御茶は、疾患の元であるクレアチニンの数値を改善し、その他にも腎臓を温め、関節や筋肉の冷え解消、腎臓の強壮、生殖器改善、利尿作用などに効果のあるシナモンやフェンネルがブレンドされております。
その他にも、腎臓、尿路系機能の改善を助け、身体の中で悪臭の元が生成されにくくなるルイボスや血液の浄化をするネトルなど腎機能疾患に効果的にブレンドされております。

このブレンドは癌予防にも効果的な
ハーブ、スパイスで構成しております

勿論、体内の活性酸素を除去し抗酸化作用で老化防止、美肌など素晴らしい効果もたくさんございます🎶


オーガニックの高品質なシナモンを使用しておりますので、シナモンのきつめな風味が苦手なかたでも安心してお召し上がりいただけます。一般的に売られているあの独特な重たさがなくスッキリとした風味です☆


友人のNさまにお召し上がりいただいた感想を記載させていただきます♬

016.gif湯を注ぐと、淡い琥珀色から深い琥珀色へ。ローズ系が混ざった甘い香りが立ち上がり、その中に若干漢方薬の様な香りも上手く重なっていて(ここにえらく感動w)、とても気持ちが落ち着きます!何故か幸せを強く感じました。
その色と香りから、想像しなかった(軽さよりもその逆の風味を想像しました)、その名の通り水の如くスンナリとどこにも引っかかる事なく喉を通るサラサラの軟水の様でした!016.gif

というご感想をいただきました🌟とっても嬉しいです❤



一番上の項目で思い当たる部分があるかたは是非水の御茶をお試しになってみてください♬


☯陰陽五行tea☯水の御茶[ティーパック 1.7g×5個] 

(←スマートフォンでご覧くださっている場合はこの上をタップしていただくと土の御茶の画面に飛びます♬)のご紹介です。


☯陰陽五行tea☯水の御茶[ティーパック 1.7g×10個]

☯陰陽五行tea☯水の御茶[リーフ33g]















by flowerofkent33 | 2016-06-26 18:46 | ハーブ

紫陽花♡イングリッシュガーデンにて♫ PART4

最後の紫陽花フェアご報告です♬


e0343821_18382765.jpg


e0343821_18390427.jpg



e0343821_18395527.jpg



e0343821_18403117.jpg


e0343821_18404678.jpg


とってもたくさんの紫陽花が見られて幸せでした💕


ご覧くださって誠にありがとうございました🎶    







by flowerofkent33 | 2016-06-25 18:42 | 日常の出来事

☯陰陽五行tea☯金の御茶

本日は ☯陰陽五行tea☯金の御茶  (←スマートフォンでご覧くださっている場合はこの上をタップしていただくと土の御茶の画面に飛びます♬)のご紹介です。



金の御茶はこのような方におすすめです☆

○感情の抑揚が無い話しかたをする方

○辛いものが好きな方

○「悩みでもあるの?」と人から言われたりする方

○お仕事が立ち仕事

◎普段からの呼吸の浅さが気になる方

○風邪でもないのに「風邪ひいてる?」と聞かれたり、いつも鼻水をすすっている方



e0343821_16174020.jpg
五行金性の特徴は・・・

五官感覚器官のなかで『鼻』は金性に属し、そして五臓臓器では『肺、大腸』を支配しております。

肺が弱っている方は、顏色が青白く、常に思い悩む性質だそうです。
辛いものが好きな方が多く、皮膚が弱いです。
病気は秋に属するので、秋口に呼吸器系の病が悪化いたします。

胸式の呼吸は肺との関係が深く、腹式の呼吸ですと大腸との関係が深くなります。
鼻をひろげて浅い呼吸をするようになったら、肺がとても弱っているので危険信号です。
健康の秘訣は腹式呼吸です。
腹式呼吸は腹も胸も十分使って呼吸ができているのですが、肩で息をする人は肺の上部のみしか使えていません。
風邪をひくと下痢をすることが多いのは、肺と大腸が表裏の関係にあるからだそうです。

肺は空気から酸素を取り入れ、炭酸ガスを排出する陰の臓器です。大腸は水分の吸収が主な仕事で、便の排泄もする陽の臓器です。
肺と大腸の二つは〈酸素と水〉という、生命に必須なものを取り入れます。
身体の血液の循環を調整し、気血を調整して、五蔵を良くさせます。


五液体液では『はなじる』。肺に属しますので気管系に異常があると鼻水が出てきます。
ちいさな頃、母から「鼻水をすすってるじゃないの、身体が寒いから鼻水がでるのよ、お洋服を着なさい。」なんてよく言われました☆
肺(呼吸器系)が冷えることでさらさらとした鼻水がでてまいります。
寒くないとおもっていても身体自体は冷えていて、寒いことを訴えてくれているのですね♪


五香は、『腥(なまぐさい)』に属し、肺の支配を受けます。肺が弱ると、なんとなく魚のような生臭い臭いがします。


五声では、『哭なきさけぶ』肺に弱点があります。息や声が途切れたり、感情のない沈んだ話しかたになるようです。


五味は弱くなった五臓が要求する味覚です。金性は『辛』です。刺激の強いカレーやわさび、からしなどの辛いものを好みます。辛味に偏りすぎてしまうと、肺に悪影響を及ぼします。


金の性質の方のための養生食は、、、

かぜの初期に良い食べ物→ ねぎ、生姜、しその葉
痰、咳を止める作用のある食べ物→ 干し柿、春菊、大根、豆乳、のり
乾いた肺を潤し、咳を止める食べ物→ 干し柿、あんず、みかん、春菊、大根、ごま、蜂蜜、いちじく、バナナ
肺の消耗を補う食べ物→ うなぎ、やまいも、鶏肉、蓮根
肺の熱を冷まして咳を止める食べ物→ 干し柿、パイナップル、豆乳、いちじく、豆腐、柿、白菜、鶏肉、クレソン、夏みかん、ごぼう、メロン、バナナ、海苔


金性の五主と五支は、『皮毛』『毛』です。
肺は皮毛を主り、鼻に開竅(かいきょう鼻を開く意)すると言われております。
皮膚の機能を制御してその防衛力を保持いたします。
肺で吸入された天空の気〈陽気〉は、全身にめぐり、全身を包むように保護されます。
この陽気は、気温や体温の変化に従い調節作用を行います。
寒いときは縮んで皮膚を緻密にさせ、発汗を止め、暑いときには、伸びて肌を弛緩させ、発汗させます。
このバランスが乱れると肌は外邪(身体に害を与える気候の変化)にもろくなり、いつも風邪をひいてしまうこととなるようです。


感情の分類は『悲・憂』。
憂い、嘆き、悲しみなどの感情が強いと、陽気が消えて肺を弱めます。肺の金性は恋愛感情なども司りますので、肺病が色情因縁と言われる所以のようです。
しかしながらこの肺の部分を強化すると、自然と悲しさ、憂いさなどの感情も消えてなくなります。
しっかりと強化してまいりましょう☆


この金の御茶は勿論、肺を強化させる成分を多く含みます。
呼吸器系の不調にしっかりと働きかけるマレインというハーブは、肺と呼吸器の粘膜に働きかけ、痰を排出します。そして風邪の症状、喘息、咳、気管支炎、花粉症にも良いと言われております。
体内の浄化、抗菌、抗炎症作用、インフルエンザ・ヘルペス・結核への効果も多く持ちます。
レモンマートルには、外邪を払う殺菌作用(特に喉と咳)、去痰作用、気管支炎、寝汗を伴う風邪などの不調にも効果があります。金星の植物であると言われており心を活気つける作用もあります♬
その他インドのハーブであるウコンやキャラウェイには、呼吸機能やの機能を正常に維持してくれる作用があります。
ペパーミントは肺をクリーンに保つことで有名です。
レモンとミントの清涼な香りと喉ごしでとても飲みやすい金の御茶です☆


友人のNさまにお召し上がりいただきましたご感想をご紹介いたします🎶

016.gifレモングラス?の良い香りを嗅ぎながら湯を注ぐと黄色味の強いとてもキレイな透き通る緑茶色に❤️
飲んだ後の鼻から抜ける柑橘系の香りがとてもフルーティで、この香りだけで甘さを感じさせる不思議。⚡️
香りは分かりませんでしたが、ミントが入っている?のか、スッとする後味で、そのシトラスの香りが甘さと同時にサッパリとした後味を出しているので、暑い時期も寒い時期も季節を問わずゴクゴク飲めるハーブティーだと思いました☆ 016.gif

というご感想をいただきました💕



☯陰陽五行tea☯金の御茶[ティーパック 1.7g×5個] ←こちらの上をクリック又はタップしていただくと注文画面にとびます。

☯陰陽五行tea☯金の御茶[ティーパック 1.7g×10個] 

☯陰陽五行tea☯金の御茶[リーフ33g]
















by flowerofkent33 | 2016-06-24 18:30 | ハーブ

紫陽花♡イングリッシュガーデンにて♫ PART3

もう少し紫陽花にお付き合いくださいネ(^^♪


e0343821_17151325.jpg


e0343821_17153950.jpg


e0343821_17155722.jpg


e0343821_17162190.jpg


e0343821_17164633.jpg


e0343821_17170841.jpg


e0343821_17172747.jpg


e0343821_17175042.jpg


ここイングリッシュガーデンは、紫陽花の前には薔薇🌹も凄かったのです♡

そのうち薔薇もUPさせていただこうとおもいます🎶








by flowerofkent33 | 2016-06-24 17:19 | 日常の出来事

紫陽花♡イングリッシュガーデンにて♫ PART2

昨日につづきまた紫陽花の写真をUPしてまいります♪

e0343821_16071168.jpg

e0343821_16073466.jpg


e0343821_16080003.jpg


e0343821_16083298.jpg


e0343821_16085190.jpg

たくさんの種類に本当に驚きました☆


まだあるのでまた後程UPさせていただきます♬






by flowerofkent33 | 2016-06-22 16:09 | 日常の出来事

紫陽花♡イングリッシュガーデンにて♫

過日、自宅近くのイングリッシュガーデンにて撮影をした紫陽花たちをご覧ください♡


e0343821_23305302.jpg


e0343821_23315031.jpg

e0343821_23321587.jpg

e0343821_23325362.jpg

e0343821_23332191.jpg

e0343821_23335283.jpg

紫陽花は曇り空のしたで、憂いを帯びたお顔をしている紫陽花がとっても好きなので、この日はちょうど、今にも泣きだしそうな暗めの曇り空だった為、紫陽花たちのすてきな表情を見ることができました。


まだまだたくさんの紫陽花がございますが、後日にまたUPさせていただきます♫







by flowerofkent33 | 2016-06-21 23:37 | 日常の出来事

☯陰陽五行tea☯土の御茶

本日は  ☯陰陽五行tea☯土の御茶  (←スマートフォンでご覧くださっている場合はこの上をタップしていただくと土の御茶の画面に飛びます♬)のご紹介です。



土の御茶はこのような方におすすめです☆

○『最近食べすぎだなぁ…』と感じている方

○お口の中や周り(唇など)のトラブルが気になっている方

○お仕事などで座っている時間が多い方

○寝ているときのヨダレがひそかに気になっている方。

○甘いものが大好きな方

○最近運動が不足気味な方



e0343821_15071472.jpg
五行土性の特徴は・・・

五官感覚器官のなかで『口』は土性に属し、そして五臓臓器では『脾臓、胃』を支配しております。


『口』というのは勿論、唇も同じです。口内炎ができたり口の周りが荒れやすいかたは食べ過ぎ、飲み過ぎなどで胃が荒れているという合図かもしれません。
脾臓に何かの異常があると唇が青白くなったり、ツヤがなくなる、厚ぼったくなる、などの症状が出ることもあるようです。


五液体液では『よだれ』に属しますので、脾臓、胃が弱るとよだれが出やすくなります。


五香は、『香(かんばしい)』に属し、脾に支配されます。脾臓、胃が弱っていると花や果実のような、やや甘い臭いがするようです。
これはこれでなんだかいいような気もしてしまいますが笑、、、


五声では、『歌』。脾の支配を受けておりますので、脾臓に弱点があると、うわずったような発声になります。


五味は弱くなった五臓が要求する味覚です。土性は『甘』です。甘いものを好む傾向にあります。あまり過食してしまうと身体の〈肉〉の部分に悪影響を及ぼします。


土の性質の方のための養生食は、やわらかめに煮た野菜、梅干し、白身魚の刺身(ワサビは控えること)、豆腐、やわらかく煮た豆類、にんじん、かぼちゃ、やわらかめのご飯

※良くないもの
白砂糖及び砂糖を多く含んだ食品、
消化の良くないもの(海草類、キノコ類、こんにゃく、もち、繊維の多い野菜〈タケノコ、ゴボウ、水菜など〉タコ、イカ、貝類、卵)
脂肪分の多い動物性食品(鰻、鮭、青魚、卵、ラード)
香辛料、刺激物、焼いた動物性食品
炭酸飲料、酒類、コーヒー、紅茶、緑茶、タバコ

少し制約が多いですネ・・・

【重要】養生食を食べることも大切ですが、一番大切なことは、、、上記の≪良くないもの≫を食べないことが一番の養生となります。


脾臓が極度に弱ると、慢性の血便、慢性の月経過多、子宮出血などが起こりえます。

そして土性の五支は、身体の筋肉の形成と維持ですので、健康であればその精気により肌肉はより良く生成されますが、脾臓が弱ると全身に精気が回らず、肌、肉の栄養が欠乏し全身が痩せ、足腰に力がなくなってまいります。

顏色も要注意です。五色は『黄』ですから脾臓や胃腸が弱かったり、何かしらの害がある人は顔色が黄色っぽくなります。
日頃よく物忘れをしてしまうことも土性の特徴のひとつだそうです。
病気は四季の『土用』に属しますので、季節の変わり目に体調を崩しやすくなります。



脾臓の機能が衰えると食べ物の精気が全身にめぐらずに腹部膨満、腹が鳴る、下痢、消化不良、食欲不振、血色不良、むくみ、便秘、下痢などが起こりやすくなります。

感情の分類では、『思』。
安定の臓器といわれる脾臓や胃が弱ると、不安定になりやすく、心の情緒が不安定になります。
『心身一如』と言われるように心と体は表裏一体です。
思いわずらうと身体をめぐる気が停滞をし、脾臓や胃腸の機能が衰えてしまいます。逆に脾臓や胃を健康に保っておけばいつのまにかクヨクヨと考えることが不思議と無くなってしまうのが身体の素晴らしいところです♬


土の御茶は、脾臓細胞の免疫を上げ、胃酸を調整する成分、亜鉛、鉄を含むハーブが多く入っております。
人間の身体を健やかに保つために必要なミネラルである鉄や亜鉛、
とくに亜鉛は本当に必須なミネラルです。
体内には常に微量の亜鉛が存在しており、肝臓や腎臓、卵巣や前立腺、眼球などに多くみられ、その亜鉛は骨と脾臓に貯蔵されております。
その他にも、
脾臓を強化し、心身の気を活性化、体内の熱の調整、解毒、消化器系の小炎症作用と鎮痙チンケイ作用(筋肉の緊張を緩和させます)、潰瘍を改善する作用もあります。
勿論、美肌、ストレス緩和、老化防止、安眠など多数の効果も併せ持ちます♩

脾臓の免疫を上げるだなんてどんな味なのだろう?と気になってしまうと思いますが、ほのかな甘さのなかにレモングラスやカモミールなどのフルーティーな味わいにふんわりと包まれるとっても飲みやすい風味です☆


味わいが私の中でもお気に入りのブレンドですので、皆様にも是非お試しいただきたくおもいます♡

友人のNさまにお召し上がりいただきましたご感想をご紹介いたします🎶

016.gif色は、透き通る黄色から秋の紅葉(黄葉)を思わせる深く輝く黄色へ♩
ローズヒップの様な香りが淡く立ち、その中に森林の中の湿度を持った草木花の香りからか?甘さを感じることができ、何度も香りをかいでしまう❤️
最初に感じる香りから甘酸っぱい味を想像しましたが、口に入れると不思議で、その甘酸っぱさは感じず香りだけにとどまり、まろやかさがとても強い!そして甘さがある。
そのまろやかさは、舌よりも軟口蓋(口内の上部)で感じる事ができ、そして滑らかに喉を通っていきます。何度試しても舌ではなく口内上部だけで、とても面白いと思いました^ ^
香りがとても豊かでオードトワレの様ですが、飲むとそれが邪魔をすることはありません☆
ここでまた自然の出す香り、調合の腕でここまで本当に邪魔をしないってすごいと感じます♩016.gif


Nさま、ありがとうございます!とってもするどい舌をお持ちのNさまに色々とご感想をいただいております🌟
是非皆様もお試しになってみてください🎶



☯陰陽五行tea☯土の御茶[ティーパック 1.7g×5個] ←こちらの上をクリックしていただくと注文画面にとびます。

☯陰陽五行tea☯土の御茶[ティーパック 1.7g×10個] 

☯陰陽五行tea☯土の御茶[リーフ33g] 












by flowerofkent33 | 2016-06-21 20:03 | ハーブ