❂医湯tea❂Herbal Physician

新しいブレンド→ ❂医湯tea❂Herbal Physician ←(上でクリックをするとこちらの画面にとびます)のご紹介です♪

《医湯》というのは医療・医者・医院の《医》です✿ プラス ハーブティーを淹れるお湯が合わさり《医湯》。

Herbalは《薬草》という意ですネ。そして、《Physician》は内科医というような意味を持ちます。

ハーバル フィジシャンと読みます♫そして、ハーブ内科医と訳していただければとおもいます。


e0343821_19122366.jpg

まずは、『風邪』といったら、ヨーロッパではおなじみの、エルダーフラワーです♪

粘液を浄化し、呼吸器の気道をきれいにしてくれることから、鼻水、鼻づまり、喉の痛み、

発汗など一般的な風邪やインフルエンザ、気管支炎の諸症状の緩和、利尿作用と発汗作用にも優れており、

風邪などで体内に溜まった毒素の排出も助けます。

エルダーフラワーはさらに、不安や、憂鬱な気持ちが和み、神経の緊張がほぐれて安眠にも効果があるのでおやすみ前におすすめです。



マレインは、消化器系の不調、腹痛、咳をともなうインフルエンザに効果的と言われております。

のどの炎症を抑え、痰をとり、咳を鎮める作用があり、一般に上気道カタル、咳、感冒、

気管支炎といった症状に対する改善の目的で利用されております。


スッキリとした香りでココロを癒してくれるレモングラスには、

水溶性のビタミンAが沢山含まれているので風邪で滞った、免疫系、リンパ系、血液、体液の循環によいと言われております。

消化器系にも働きかけるので初期症状による食欲不振や消化不良などにも効果的です。

鎮痛作用にも優れているので悪寒などでこわばった身体のコリや筋肉痛にも働きかけます。


ビタミンAと一緒に摂るとさらにパワーアップして免疫力を高めると言われているビタミンC。

天然のビタミンCも摂れるようにローズヒップとハイビスカスも少量の配合をしております。

ウィルスによって傷ついた細胞を修復し、免疫力を高め回復を早めます。


最後は、風邪といったら忘れてはならない甘草です。

一般の風邪薬にも生薬で使用されております。解熱、鎮咳、鎮痛、去痰作用などの作用があります。


しっかりと効果的に摂取できるように1つ2.2グラムに増量しております。

甘草の天然甘味成分がほのかに甘く大変飲みやすくなっております♪


友人のNさまにお召し上がりいただいたご感想をご紹介いたします🌟

016.gifお湯を入れると透き通る黄色から黄金色に☆レモングラスの良い香りが広がりアロマを焚いているよう♩
でも飲む際にその香りも強いとは感じず食欲をそそられました!
風味は、レモングラスの存在感が際立つが、逆に舌触りは軟水を感じさせるシルクの様なまろやかさが増す。
このHerbalの口に残るまろやかさは先のAtomsphericと交互に飲み比べて初めて分かりました!まろやかだし甘さを感じます‼︎016.gif

Nさま、ありがとうございます💕


心身ともに調子を崩してしまいがちな梅雨時期の体調管理にも大変心強いブレンドティーです。


~ケントの花~❂医湯tea❂Herbal Physician [ティーパック 2.2g×5個] 


~ケントの花~❂医湯tea❂Herbal Physician [ティーパック 2.2g×10個]

~ケントの花~❂医湯tea❂Herbal Physician [リーフ44g]

上記、タップしていただくと注文の画面にとびます♪






by flowerofkent33 | 2016-03-28 19:26 | ハーブ

陰陽五行tea☯火の御茶

陰陽五行tea☯火の御茶にはこのような方々がおすすめです♪


○味覚に鈍くなったかもしれない、と感じたとき。
○コンビニなどの外食が多い方。
○舌の色が気になる方。(血の量が充分に全身にくまなく行き渡っていれば、舌は赤く潤いがあります)
○とくに動いていないときも汗をかいてしまう方。
○ここのところ顔色がなんだか冴えないなぁ…と感じていた方。(蒼白となり光沢が無い、薄黒い、青紫のような色味)
上記が当てはまる貴方の身体のめぐり(循環)を良くしましょう♥

火の御茶ということで、赤い薔薇の花びらもあしらった見た目も赤い火のようなお色です。
ほんのり酸味を感じる爽やかな風味です♪

友人のNさまにお召し上がりいただいた感想をいただきましたのでご紹介いたします♫

016.gif薄い紅味がかった茶色から真紅に変化、美しい☆ローズピップだと思いますがプラムの香りを感じ、同時に私はほんのり井草の香りも感じます♩ローズピップの香りからワクワクするエネルギッシュさを感じ、同時に井草系の香りからか落ち着きます^ ^
そして甘酸っぱい香りから頭をスッキリさせる様に感じました♩
香り・味の酸味・見た目の色の3点が丁度良いバランスで、それぞれを裏切らない‼︎
どれをいただいてもその三つのバランス(どれかが印象が弱いという事がない!)が凄くて流石だと‼️
話が逸れて申し訳ないですが、しかもこれらハーブティーには効能がある、って事が更に凄いというか、表面は中身に出るのか中身が表面を作っているのか、深い‼️火の御茶に話は戻ります(笑)
色々なものを調合しているのだと思いますが、とてもシンプルに仕上がっていて素直な風味という印象で、甘酸っぱさがあるにも関わらず、胃のモードがどんな時でも淹れてゴグゴク飲める丁度良さがあります♩016.gif

と、Nさまより貴重なご感想をいただきました💕イチオシの美味しさです🌟


e0343821_18570852.jpg

火の御茶は、五官感覚器官のなかで『舌』は火性に属し、そして五臓臓器では『心臓・小腸』を支配しております。

まず、舌が赤や紫になったら、心臓病予備軍の恐れがあります。そして黄色や苔色になったら、飲食を節制して欲しいという、小腸からの危険信号です。

五液体液では『汗』に属しますので、心臓の鼓動が早くなり、血圧が上昇すると汗をかきます。

五香は、『焦(こげくさい)』に属し、心臓に支配されます。汗臭いような、焦げ臭いような臭いがします。


五声では、『笑』。よく笑ったり独り言を言ったり、言語が途切れ途切れになる場合があります。

五味は弱った五臓が要求する味覚です。火性は『苦』です。ほろ苦い食品を好む傾向があります。
「苦い味」を飲んだり食べたりすると不思議と火照り感が引いていきます。
夏場には苦瓜、胡瓜など食べると体がすっきりいたしますが、<熱を冷ます>からだと言います。
逆に冬場に苦い物を取り過ぎると体が冷え切ってしまいますので十分に注意しないと体質そのものを壊してしまう結果となります。

もも、鶏卵、レンコン、牡蛎、 黒豆、あずき、レタス、すいか、緑茶、お酢、ニンニク、ネギ、胡麻、ゴボウなどが養生食となります。


心と、血脈の働きが衰弱すると血脈の流れが悪くなります。そして顏色が蒼白となり光沢が無くなり、
気が不足すると薄黒くなったり、青紫のようにもなります。
そして血気多感なひとが突然心臓麻痺や脳溢血などの循環器系の疾患を患ってしまうこともあります。


火の御茶にブレンドされている三大疾病に大変有効なハイビスカスに含まれているアントシアニン色素は、心臓の働きを健全にする作用を持ちます。
そして温かいハイビスカスティーから昇ってくる香りの成分には、血液を浄化する働きがあり、腎臓の機能と心臓の機能の負担を軽減する作用を持ちます。
浄血作用とともに、貧血による浮腫みにも良く、植物本来が持つ抗酸化作用も極めて高いので細胞の老化と酸化を防ぎ、目や肝臓、また血管の健全化にも有効で動脈硬化対策にもおすすめです。
そのほかにも、糖尿病の数値を下げ、コレステロール値も下げる役割を併せ持ちます。

アントシアニンは、肝細胞の老化や目の老化に効果を発揮することも知られており、その作用には即効性があります。
肝機能が弱まると目の周りに<肝斑>と呼ばれるシミができやすくなります。

肝機能に自信が持てない方は、木の御茶とともに火の御茶もお召し上がりいただくことをオススメいたします♪


心臓のハーブでは一番有名なホーソンベリー。ヨーロッパでは古い時代から心臓のハーブとして用いられてきた歴史を持ち大変重宝されてまいりました。

ホーソンベリーの特徴は、優れた強心作用で心臓の働きを高めます。

心臓の周りにある冠状動脈の血管を拡張することによって、心臓を動かしている心筋に酸素を送り込み、心臓への血液の流れをよくする働きがあります。

その為、息切れや動悸、不整脈など、心臓に関する様々な症状に役立ちます。

また、高血圧や低血圧などの症状にも有効です。

その他に、コンビニやファミレスなどでの外食が多い方に欠乏しがちなミネラルを多く含みます。

そして、40歳~60歳代という働き盛りの中高年の三大成人病(ガン、心臓病、脳血管障害)の主な原因である悪玉コレステロールの数値を改善する作用があります。


そのほかにブレンドをしているハーブも、生活習慣病への改善や、血気多感で不安定な感情の緊張を和らげ、朗らかな気分へと導いてくれる作用を持つ心強いハーブ達です♬

精神の高揚が鎮まり、不眠症などにも効果をみせます。


効果を期待したいお方は、空腹時にお召し上がりいただくとさらに効果をみせますので、食後よりも食間、食前にお召し上がりください🌟



~ケントの花~陰陽五行tea☯火の御茶[ティーパック 1.7g×5個]

~ケントの花~陰陽五行tea☯火の御茶[ティーパック 1.7g×10個]

~ケントの花~陰陽五行tea☯火の御茶[リーフ33g]












by flowerofkent33 | 2016-03-27 20:43 | ハーブ

陰陽五行tea☯木の御茶

陰陽五行tea☯木の御茶 (←こちらをタップしていただくと注文画面にとびます)にはこのような方がオススメです♪

○家呑み、外呑みが続いてしまったとき。
○女性の大敵である目のしたのクマが気になる方。
○『ちょっと最近怒りっぽいなぁ』『なんだか何もやりたくないナ…』と心の変化をふと感じたとき。
○ライフスタイルを見直したい方

一見苦そうにも見えるブレンドの写真ですが、、、とっても香ばしくて美味しいんです♪
友人のNさまにお召し上がりいただいたご感想をご紹介いたします🌟

016.gif湯を注ぐ前の甘い香りが、注いだ後は、ほうじ茶の様な香ばしい香りが正に「木」を連想しました☆
風味も優しくて飲みやすく、そのまま素直に入ってきます^ ^
淡い黄色からか、重さは感じず香りが良いと大抵味が負ける感がありますが、飲むにつれて微妙に複雑な薬草達が表れてくる感じが、「おっ、隠れていたか❗️」となり、ただ飲みやすいハーブティーではないぞ!と唸りました🎵
何を食べている時にいただいても口の中で邪魔をしないんではないかと思う程、馴染めるハーブティーです☆
音楽のアルバムで言うと渋いバラードを思わせます♩016.gif

というお話しでした💕うれしいです🎶



e0343821_21552135.jpg

木の御茶は陰陽五行に則ってブレンドをいたしました。

五行木性の特徴は・・・

五官感覚器官のなかで『眼』は木性に属し、そして五臓臓器では『肝臓』を支配しております。

目が動きすぎると肝を傷めると言われております。
そして、目の下がたるんだり、クマが出ているのは、肝臓が疲れている証拠です。
ほかにも、肝は血を受けてよく視るといい、かすみ目、めまい、眼の乾燥、夜盲症などは肝の異常と関わりがあるそうです。

五液体液では『涙』に属しますので、肝臓が弱ると涙が出やすくなります。

五香は、『膏(あぶらくさい)』に属し、肝に支配されます。肝臓が悪いとどことなく脂くさい、動物的な臭いがします。

五声では、『呼』。肝の支配を受けておりますので、肝臓に弱点があると、語調が強く、
叫ぶような、怒鳴るような声の出し方をしがちになります。

五味は弱くなった五臓が要求する味覚です。木性は『酸』です。梅干や酢の物など、酸っぱいものを好む傾向にあります。

養生食は、酢のもの、少量の酸味(梅干し、柑橘等)、ひじき、レンコン、ニンジン、カボチャ、トマト、
緑黄色野菜、モヤシ、豆腐、納豆、玄米

※良くないものもあります。禁酒は最低条件です。
白砂糖、卵、動物性タンパク質の過食、青魚、刺激の強い食品、酸性食品の過食、
加工食品、スナック菓子、着色料、防腐剤、人工甘味料、消化の悪い食べ物、濃厚な味付けのもの

【重要】養生食を食べることも大切ですが、一番大切なことは、、、上記の≪良くないもの≫を食べないことが一番の養生となります。


五支という五臓の精気がその色を発するところは『爪』です。 肝の血が不足すると、爪が柔らかく厚みが薄くなり、
色が淡白となってツヤが無くなるそうです。

肝気の異常は、肝が弱くなると思惟活動が鈍り、ぼんやりし、無気力になったり、逆にイライラ、粗暴、怒りっぽくなったり、
神経不安定、神経過敏、そして興奮により肝が昂ぶることによる不眠に大いに関係があります。

解毒を司る肝臓に障害がありますと、皮膚病や、顔が浅黒くなったり、炎症などを引き起こしやすくなります。

木の御茶は、体外に有害物質を排出してくれる解毒のエキスパートといわれるハーブを数種類ブレンドしてお作りいたしますので上記に当てはまるお方以外にもデトックスティーとしてお召し上がりいただけましたら幸いにございます。
そのほか、むくみが気になる方や、中国医学では神経系の強壮薬として、神経系の沈静、活気どちらにも効果を有するセージをブレンドしておりますので過労による疲れなどで気分の切り替えをしたい方などにもオススメいたします。


木の御茶のデトックスは、午前中にお召し上がりいただけますと身体の中で最高のパフォーマンスをいたします。

可能でしたら午前中にお飲みいただくことをオススメいたします。

~ケントの花~陰陽五行tea☯木の御茶[ティーパック 2g×5個]

~ケントの花~陰陽五行tea☯木の御茶[ティーパック 2g×10個]

~ケントの花~陰陽五行tea☯木の御茶[リーフ33g]











by flowerofkent33 | 2016-03-13 21:58 | ハーブ

椿

3月11日。


寒空の下に凛とした姿で咲いている椿を収めたくて、携帯を持っておりませんでしたので、


自宅に携帯を取りに戻り、また椿のもとに戻りました。


e0343821_19244993.jpg
椿の花びらはとても痛みやすいのですが、冷たい小雨のなかで咲いていたのでこの美しさを留めておりました。


e0343821_19244006.jpg

椿が日本原産と知り、なんだか誇らしくかんじてしまいました。


これからお花の時期ですね♪近所で咲いているお花の写真が増えそうです。




















by flowerofkent33 | 2016-03-13 19:33 | 日常の出来事

ハーブのおはなしからさまざまな日々の出遇いまでを描きます