ほっ、、、。

昨夜から、明日は出掛ける予定があるけれど、嫌な予感がするから外出したくないな〜、、、なんて思いながら眠りに落ちました。

そうしたら、今日の昼から出掛ける予定が、なんと、急遽無くなりました♪


ほっとしております。


数年前にも、そのときは夢でしたが、
『その日は危ないからやめておいたほうがよい。』
と取れるような内容の夢をみたことがありました。考えを巡らせた結果、、、

行こうとしているとある建物内が危ないというお告げかもしれない、とおもいその建物内に入ることをやめました。
実際、その建物内の階に行っていたら危なかったとおもう要因があったので、やはり回避してよかったです。行かなければ何があるかは分かりませんが、分かってからでは遅すぎることもありますし、分からなくてよいことのほうが多いです。

上空が一面ねずみ色の雲でおおわれていてものすごく冷え込んでいたあの日、二階の席で冷たいアイス🍨を食べながら想い出深い南麻布の交差点を見下ろしていたときのことをふと思い出してしまいました。

ホブソンズ、そのうちまた行きたいナ。


ご注文もいただいておりますので、午後の時間はしっかりと心をこめてお作りいたします♫


皆さまのこの午後の時間が健やかなときとなりますように、、、




[PR]
# by flowerofkent33 | 2017-12-12 12:58 | 日常の出来事

先週、1日だけの軽い断食をしているときに調べていたところ、、、蜂蜜よりも、メイプルシロップのほうが優等生という内容のお話しを見つけてしまいました。


皆さんに、飲みにくいときはハーブティーに蜂蜜を入れてください。と申し上げておりましたが、申し訳ございません、、、今すぐに撤回をさせていただきます。


これからはメイプルシロップを入れてください!!!

メイプルシロップは、赤ちゃんからOKな甘味です♫


そしてメイプルシロップは、あらゆる糖質の中で最もミネラル、ビタミンを含むそうです。


メイプルシロップ、蜂蜜、砂糖を比べた表です。(メイプルシロップ協会から画像をお借りいたしました。)


e0343821_17010475.jpeg


e0343821_17013757.jpeg


栄養分の割合は産地によって様々だそうですが、
自然のミネラルとして、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、マンガン、鉄、銅、リン、硫黄、等が含まれ、

ビタミンでは、ビタミンA、B1、B 2、B6、C、パテントン酸、等の栄養分の含有が確認されております。

※パテントン酸とは?
エネルギー代謝へ関与・コラーゲンの合成に必要なビタミンCの働きを助けて肌の健康維持・副腎皮質ホルモンの合成・HDLコレステロールの生成を促進・ストレスの緩和、不足すると皮膚炎や倦怠感、免疫力低下、副腎障害、成長障害、末梢神経障害などを引き起こしやすくなります。


そして、蜂蜜ですが、、、こちらは一般的には健康食品の一種として認識されておりますが、バランスのとても悪い糖質で、低血糖症を引き起こす元凶となるようです。
精製された白砂糖よりも害があるという見方もあるそうです、、、 (私はお料理全般にオーガニックココナッツシュガーを使っております。)


蜂は花々から蜜を集め、それを一旦消化して吐き出し、そしてそこに蜂たち独自の保存料を加え貯蔵します。
結果として出来上がるものは、人間にとって害のある生成物なのだそうです。
一旦蜂によって消化されてできあがった蜂蜜は、アルコールなどと同じように人間の血液の中に直接入り込み、インシュリンの極端な変化を引き起こして内臓器官に害を及ぼしていくということ、、、
高血糖症や、低血糖症は蜂蜜の摂取にも原因があるとも言われております。


メイプルシロップを入れたレモネードによる断食は、ただの水だけの断食とは違ってお腹も減りにくく、必要な栄養素を補えるので、気軽に出来るファスティングとしてオススメです。脳内と、心を満たしてくれる優しい甘さが、ファスティングの空腹感に挫けそうになっても食べたい衝動を食い止めてくれるとおもいます♪

朝食をレモネードだけ、夕食をレモネードだけ、というような簡単なファスティング、機会がありましたら是非行ってみてください。

しかし、メイプルシロップは、オーガニックのグレードAのものだけを使用してください。
ネットショップで入手できます。
すぐに欲しい場合は、成城石井さんに質の良いメイプルシロップが売られていたとおもいます。

オーガニックレモン🍋がたくさんあるので、少しずつファスティングの日数を増やしていこうとおもいます。

上記の資料は、下記を参考とさせていただきました。
レモネードダイエット実践法
The Lemonade Diet -- The Master Cleanser -- by Stanley Burroughs

しかしながら、ソルトウォーターバッシング(消化器官洗浄のための食塩水の大量摂取)は私はやらずにレモネードのみで今後は行いたいとおもいます。


昔から、夜だけの断食、1日断食をする際、ダイエットは目的としてはおりません。
昨今ではだいぶ落ち着いてまいりましたが、一時期のシリアの方々が背負った受難。とても心を痛めました。豊かな街であったアレッポ陥落のニュースに私の心は崩れ去ったほどです。
わたしの一食の食事がどなたかの空腹を満たしてくれますように、、という祈りのファスティングです。


「マタイの福音書」
6章17節
あなたがたは断食するときには、自分の頭に油を塗り、顔を洗いなさい

6章18節
それは断食をしていることが人に知れないで、隠れた所においでになるあなたの父に知られるためである。すると、隠れた事を見ておられるあなたの父は、報いて下さるであろう。



祈りのためでなくてもファスティングは、健康への扉を開いてくれます。

この健康への扉を開くと、、、

細胞や脂肪細胞などに蓄積された有害物質の排出
長寿の遺伝子への改変
血液浄化
ノンレム睡眠が長くなり成長ホルモンの分泌が増えることによる若返り
腸内環境が正常となり免疫が向上
便秘改善
肩こり、腰痛改善
偏頭痛改善
ニ型糖尿病の改善
ホルモンの分泌を正常にする
生理不順改善
骨折や靱帯損傷の回復を早める
怪我の治療を促進
ストレス緩和
代謝促進
冷え性緩和
脳内への血流アップ
等、書ききれないほどにあります。

しかし、周りに家族がいるととてもやりづらいとおもいますので、そのようなときは、、、
一食だけ食事をフルーツにする。
一週間だけ自分は肉を抜く。(お肉のファスティング)

このようなことでもOKだとおもいます。
自分だけのファスティング、是非気軽にはじめてみてください。


そして一番重要な心へのアプローチ。

食を抜くことで食への興味がうっすらと消えてゆきます。ファスティングをしている間は、終わったら何を食べようかな?という気持ちが続いたりいたしますが、終わってみると不思議にも、あれを食べるぞ!という気持ちがすっかりとどこかにいってしまうのです。

そして一時の飢餓感を克服することで、心には余裕と自信が生まれます。

そのときに何よりも重要なことは、情報もファスティングするということです。

不必要にネガティブになってしまっていたり、ストレスの原因の一部は、情報過多によることで余計なことを思考してしまう結果です。

西海岸でのリトリート中は、ブラザーや、シスターからの講話、説法があるのですが、ブラザーがインターネットの不必要性について語っておりましたがとてもよく分かります。

ちょうど夏頃に、わたしは全てのSNSのアカウントを削除していたので(フェイスブックは連絡を取るための手段なので存続中) 情報がいかに不必要なものかということが今は存分に理解できます。
第一時の情報をシャットアウトすると、それと並行するように必要とされる第二時の情報への興味が薄くなります。
その結果、時間にも余裕が生まれます。


しかしながら、これは、実際にやってみないと理解できないことです。(お仕事でSNSを使われている方は、仕事以外の情報は見ないようにする)

一番簡単にできることは、トップ画面をヤフー画面にしないことです♪
ポジティブなニュースよりもネガティブなニュースしかありません。

家の中でネガティブなニュースを話してくる人がいる場合は、実はこれが一番困るのですが笑、嫌な顔をせずに普通に聞いてあげるのが得策です。

1日数時間でも良いので、情報のファスティングを是非行ってみてください。

















[PR]
# by flowerofkent33 | 2017-12-11 11:51 | 日常の出来事

本日は久々に講演会を拝聴してまいりました♪


本日の内容はこちら173.png
e0343821_22453318.jpeg

メモ帳を置きスタンバイOKです164.png始まる前の様子、と言いましても黒板さんしかおりません。
e0343821_22435912.jpeg



そして、前回の講演会は、、、と。思い返してみましたら、都内でお話しがありましたこちらのシンポジウムでした。昨年の11月に行ってまいりました173.png

e0343821_21233415.jpg
e0343821_21235166.jpg

満員御礼でございました。

e0343821_21264772.jpg


でもこのシンポジウムの前に、どうしても立ち寄りたいところがあり、、、、、前回は(2016年3月末)タイミングが悪くその扉の向こうへ行くことができませんでしたが、この日はタイミング良く朝の礼拝を見学することができました177.png

大好きなラフマニノフのこの《晩祷》を度々、かなりの頻度で聴いていたお陰かもしれません♪↓↓↓(タップすると別リンクに飛びます)




e0343821_21314082.jpg

e0343821_21322522.jpg
e0343821_21361991.jpg
通称ニコライ堂の愛称で親しまれておりますこちらの日本最大級のビザンチン様式(私が一番好きな様式)の建物(国の重要文化財に指定されております)、東京復活大聖堂の正式名称は、日本ハリスト正教会教団復活大聖堂です。
ロシア正教会ではありませんが、ロシア正教会の大主教、聖ニコライによって正教が日本に伝えられたためロシア正教会の影響が強く表れているとのことですが、、、教会内の荘厳さに私の目が見開いたまま、、、息をのみました。

目の前の聖所にはおおきなイコン。わたしはイコン画(教会に飾られる崇拝の対象とする聖画)がとても好きなんです。好きな画家もチマブーエ、ジョット、マザッチョですもの、、、。ルネサンス前のビザンチン絵画は格別です。


そして聖所と啓蒙所(未洗礼の一般人が見学できる場所)の境目にある4本の柱に飾られた小さなイコン画。その下の燭台の上で幾重にも連なる、揺らめく蝋燭の炎を見ていると、心の中に神聖な炎が灯され、蝋燭の香りが身体を纏うと敬虔な表情があらわれます。


その日の帰宅後、ニコライ堂を調べていたらなんと、本当にびっくりしたことに、、ユダヤ人にビザを発行したことで知られております杉原千畝さま【聖名:パーウェル】が、正教徒であり、このニコライ堂敷地内にあったニコライ学院で教鞭をとっていたそうです。

杉原千畝さまは、私が中学一年生のときからずっと敬愛をしているお方です。

何度もお墓(鎌倉霊園)に詣でておりますが(今年は4月に行ってまいりました)、この事実を昨年に知ったときは更に親しみを感じ、ご縁を感じてしまいました。



スミマセン。お話しが脱線しすぎてしまいました、、、本日の講演会でございますが、私は先生のことを何も知らずに連れていかれたので初めはフィフティー・フィフティーの心持ちで聞いておりましたが、後半にさしかかるにつれて先生のお人柄がようやく分かってまいりました。

不特定多数に話すというのはとても難しいものです。
とても勉強になりました、、、

講演会の内容は後日アップしたいとおもいます。


そして今回の講演会では、私にとってとても大きな収穫がありました169.png



収穫の種まき、頑張ります165.png173.png














[PR]
# by flowerofkent33 | 2017-12-09 23:32 | 日常の出来事

ひと足早い年越し…

二十四節気〝大雪〟を過ぎ本格的な冬を迎えた寒さに、お布団からなかなか出られない時期に突入です、、、。

でも今日は陽射しも暖かくとっても爽やかなお天気です♫
鳥たちの嬉しそうな声があちらこちらから聞こえてまいります174.png173.png

過日、大雪を〝大寒〟と書き、ひと足もふた足も早く年を越してしまいました笑。

寒さが増すにつれ、お野菜の旨みもぎゅっとつまっております。毎週オルターさんから届く〝味のお便り〟です。
e0343821_02142455.gif
のらのわの平飼いたまご : 奈良県
さつまいも : 熊本県の西田さん(毎年心待ちにしている西田さんのさつまいも🍠)
玉ねぎ : 北海道
それ以外のお野菜 : 京都府の青木さん (昨年青木さんが亡くなられたあと、奥さまが畑を守っていらっしゃいます。亡くなられた青木さんの作るお野菜は絶品でした。)


各地から届く〝味のお便り〟から、その土地の、大地宿る気をいただくことが私にとってはとても感慨深いのです。
島根の作物と、奈良の作物は必ず毎週注文いたします。
日本の信仰である八百万の神々が宿っております。行きたい神さまの場所に行けないときは、いつもこのようにしてその大地のものを戴きます。
島根は、出雲大社。奈良は大神神社や、春日大社、橿原神宮その他たくさん笑。


心身というものは、否応無く、食べるものでつくられてまいります。


オルターさんの味の濃いお野菜を食べていた時に、わたしがふと思ったことは、【野菜の味わい=栄養】でした。



話しはそれますが、以前フランスに行った際にブラッスリーで食べたバゲットサンドイッチにとても驚きました。
サンドイッチに挟まっている薄い一切れのトマトの存在感に圧倒されてしまったのです。
そして申し分無いほどの細いピーマンの存在感にも。
たった一枚のレタスの存在感。

そこに農薬の気配はありませんでした。

彼にも説明をして、薄い一切れのトマトを食べてもらったらとても驚いておりました。

中学生のときに大好きな授業だった世界地理で、〝フランスは農業大国〟と習いましたが本当にその通りでした。
高級なフレンチレストランでもお食事をいただきましたが、昼間のブラッスリーでの食材への感激とは程遠く皆無、、、。
ルーブル美術館のガラスピラミッドを横目に、右岸から左岸へセーヌ川にかかる石造りの橋を渡って程なく歩いた先に見つけたお店。
カフェクレームは2杯も飲んでしまうほどのお味でした♡


と、話しは戻りますが、、
以前通っていたネイルサロンの私を担当してくれていた女性に話しの流れでオルターさんのお話しをしたら、是非紹介してください!と言われ、ご紹介したところ「娘が人参をそのままかじってしまうくらい美味しいみたいです♪」と喜びのお言葉をいただきました。お子さまへの放射能を気にされているお方でしたので、尚更のこと安心して食べられるオルターさんを気に入ってくださったようでした。

葉野菜は、そごう横浜店の自然食品屋さんにも並んでおります。
味の濃いお野菜、おすすめです♫




[PR]
# by flowerofkent33 | 2017-12-09 08:02 | 日常の出来事

Mr.P.C.

今、ベルギー発、日本二号店のお店におりますが、店内のBGMで《Mr.P.C.》がかかったので、私のイチオシの《Mr.P.C.》をご紹介いたします。

店内も落ち着いた雰囲気です。テイクアウトのベーカリー側をパシャり。
e0343821_18121336.jpeg


では、、

McCoy Tyner & John Scofield - Mr. P.C.


この曲は言わずと知れたコルトレーンの曲ですが、コルトレーンは横に置いておいて、、、

映像のメンバーの皆さんは、巨匠と言われる方々でございます♡
ジャズピアニストで誰が一番好き?と聞かれたら、マッコイのおじいちゃま♡と答えます♪
McCoy Tyner (p)
John Scofield (g)
Ron Carter (b)
Jack DeJohnette (d)

この四人の中で、マッコイのおじいちゃまだけはまだ生ライブを観ておりません涙。

ロンさんは80歳でございます。ロンさんと、ディジョネットを10年ほど前にハービーハンコックのライブで観ましたが、長身ロンさん、2時間ほどずっと立ちっぱなし、微動だにせず、音程が一切狂わないどころか、全盛期とまったく変わらない音の若さ。心から驚きました。
疲れた様子ひとつ見せない、プロフェッショナルなお方です。

この時はクインテットで、もうひとりの御大は、ショータくん。はい、ウエイン・ショーターです。

ジョンスコのおじいちゃんは、10年以上前に南青山にあるブルノー(Blue Note東京)のセカンドステージで堪能させていただきました♫

死ぬ前にマッコイのおじいちゃま、必ずや観に行きます。ニューヨークでぜひ観てみたいです。

Mr.P.C.からお話しがズレましたが、このYouTubeの映像は何度みても飽きません。
はじめてこの映像を発見したときは、見終えるまで開いた口が閉じることなく、、、
とっても楽しそうに演奏をしているミュージシャンの方々を見るのが一番楽しいです。


そうでした、ベルギー発のお店のURLを☆
六本木が大好きな私、こちらのお店はミッドタウン(一号店)にもあるとのことで、六本木ヒルズよりもミッドタウン派のわたしにはとても嬉しい情報でした♫
ル・パン・コティディアン 東京オペラシティのお店は、2013年2月末にバッハコレギウムジャパンを聴きに来た際にはじめて伺いましたが、美味しかった記憶があったので再訪でした。月日が経つのはとても早いですネ。
アボガドと海老のタルティーヌを頼みましたが、またキッシュが食べたいかな♫


最後に神様ネタをまた、、、
猿田彦(猿田彦命)のことを数十分ほど考えていたら、先ほど目の前に《猿田彦珈琲》が♫
とっても可愛い猿田彦です。

猿田彦からの、、数歩先に目に入ったMY LORD、、、。新宿ミロードです。
新宿ミロードの名前をつけたのはどなたでしょうか、、、。

ジョージハリスンの、《My Sweet Lord》といったらどなた様のことを唄った曲かご存知の方、そうです、クリシュナさまです。

新宿ミロードの、MY LORDの意味が、【主】でありますようにと祈りを込めて、、、






[PR]
# by flowerofkent33 | 2017-12-06 17:29 | 日常の出来事

本年、最後の望月

たった今、満月になりました。

e0343821_21325047.gif

今年一番のおおきな満月さまです♡
スーパームーンですって!


一番小さかった6月9日の満月と比べてみますと、、、(画像をお借りいたしました。)

e0343821_21382612.gif

地心距離(地球の中心と月の中心の間の距離)は、大体35万6000キロメートルから40万6000キロメートルの間で変化するそうです。

ちなみに今日よりもおおきな満月さまは、年が明けた1月2日です♪


お月さま(月讀さま)は私にとって、とっても大切な存在です♫
何度となく危機を救っていただいております😊


仲秋の名月の十五夜(10/4)、そして十三夜(11/1)のお月見の夜は、しっかりとお月見用のお餅をこしらえます。なんだかお餅って、《こしらえる》という言葉がぴったりです♪
本年も片見月にならずしっかりとお供えできました。(先月末の十日夜を逃してしまったことが残念です、、、)

ミステリアスに綾なす雲を纏った十五夜

e0343821_03525276.jpeg


十三夜と、芒(すすき)

e0343821_21493317.gif


まんまるくしたお餅は、いつもいつもわたしの傍らで温かく見護ってくださる我が菊理媛(白山比咩神社御祭神)の白山から流るる清く尊いお水で心を込めてつくられた井村さんの有機白山もち米でこしらえます。 井村さんホームページです♪
ホールフーズでも売っている有機玄米を震災以降ずっと食べておりましたが、今はどこにも置いておらず、井村さんの新米玄米を先日初めてお買い上げをいたしましたところ、、、美味しかったのでリピートを考えておりますが、放射能の有無を考えると、いつも食べていたランドバーグ社のカリフォルニア産玄米が恋しいです。とっても美味しいのです♫


朔から上弦を経て豊かに満ち満ちた望月。
日本は、月を愛でる民族ですので、たくさんの呼び名があることが嬉しいです。

もちろん満月が終わった翌日は、満月の次の日、じゅうろくや、なんて呼びませんよ♫
《十六夜いざよい》、立待ち、居待ち、寝待ち、更待ち、、、満月前は、小望月。


でも私がいちばん好きなお月さまは、完全なる美ではなく、不完全な美をもつ十三夜の月。


そして満月を追いかけるように次々と姿を現わす星たち。

まずは淋しがりやのシリウス。
シリウスは、「はやく僕を見つけてよ」と言わんばかりに煌々と光るのですぐに見つけてあげられる。
すぐに見つけてほしくて、ありったけの光りを放ってる。(と、私は常々おもっております)


そしてずっと、毎年心待ちにしている(もうすでに消滅してしまった?) オリオン座。
オリオン座とは640光年離れておりますので、今わたしたちの目に映るオリオン座は640年前の光りです。
ペテルギウスは本当に消滅(爆発)してしまったのでしょうか、、、。


夏の星空も好きですが、しんしんと寒さがつのるさなか、凍えるような寒さも気にならないくらい冬の星たちは大好きです。
目が漆黒の闇夜に慣れると次から次へと目に飛びこんでくる星たち。「ここだよ!」「こっちだよ!」といつのまにか目の前には一面の星々。


では最後に、リトリートでみたお月さまを♫
アメリカで見る星々はすごく、驚くくらいにすごく近いんです。
もちろん淋しがりやのシリウスと、オリオン座、そしてカストルとポルックスもバッチリです♪
あまりに天上が近いので、日本では肉眼で見えにくい星々もすべてくっきりです♡

e0343821_23082172.gif
たしか満月過ぎ、居待ちころのお月さま。


そう♡
首が痛くなるくらいずっと真上(アルデバランあたり)を見ていたら、天上を駆けぬける幾つもの流れ星。


リトリート内の皆さまが寝静まったころ、こうして私の時間がはじまるのです。(もちろん30分くらいでお終い)



まだ満月の気が満々な本日は御自分の神殿にたくさんの良いものを与えてあげてください。いつも以上に満ちてまいります。
逆に、お肉、お菓子は控えめに♪
ハーブティー、たくさんお召し上がりになってくださいネ♫


ちなみに、、日本の神さまを心から敬い慕っておりますが、私は神道ではありません☆

最後の最後に、西行の私の大好きな歌を詠みます。

〜 なにごとの おはしますかは 知らねども かたじけなさに 涙こぼるる 〜

ここにどのような神がいらっしゃるのかは存じ上げないが、身にしみるようなありがたさがこみ上げてきて思わず涙がこぼれてしまった。
( 西行が伊勢神宮に寄った際に詠んだとされる歌。)

わたしの場合は、由岐神社(京都)で待っていてくれたのは、氏神さまの愛する主さま(大国主命)でした♫






[PR]
# by flowerofkent33 | 2017-12-04 00:47 | 日常の出来事

遥拝

11月28日は、次郎さまの御命日です。


きちんと西に向かって遥拝をいたしました。

早くあの時の、感謝の気持ちを伝えに行かなければならないのに、まだ行くことができてはおりません。


ANAの私の乗る便が 偶然 にも欠航となり、事なきを終えたあの日のできごと。
(欠航にして私の絶体絶命を救ってくださったのは、次郎さま、そして正子さまだとわたしは思っておりますが、、、。(そのうちにこのお話しも綴りたいとおもいます。))


デルタ航空命の私でしたが、日本各地を飛び回りたくてJALに切り替えました。マイルを貯めてウイスキー持参ですぐに詣でますので、もう暫くお待ちください。




[PR]
# by flowerofkent33 | 2017-11-28 14:14 | 日常の出来事

長い夜

まったく眠れない夜です、もう直ぐ朝だというのに、、、120.png
午後過ぎまで横になっていると中々眠れなくなります。
そしてもうひとつの要因は、復活に拍車をかけるために私はコーヒーを飲むのです笑。
コーヒーが美味しく感じられたら復活の合図169.png
本来はカフェインも控えなければなりません、、、、、。(エンシニータスでは朝食時、普通のコーヒーとカフェイン抜きのコーヒーがおいてございます。)

オーガニックコーヒーを挽く元気はまだ無かったので、あちらの国で買ってまいりました愛するPeet’s coffeeの大好きなコロンビア豆のお粉をドリッパーにセットして淹れました162.png
Peet’sでロースターをしている方からも認めていただけるほどのPeet’s好きな私です169.png
ショップで出来上がったコーヒーを購入しているだけではPeet’sの良さは分かりません。
大抵の方がPeet’sは不味いと言います。
6年前にPeet’sを教えてくれたランディーにはとっても感謝しております110.png
過日、帰国時のサンディエゴ空港内にありましたPeet’sは優秀でした173.png

ということで、、、

ハーブティーのご注文もいただいておりますので、無理矢理寝ます152.png
ご注文誠にありがとうございます169.png









[PR]
# by flowerofkent33 | 2017-11-27 04:40 | 日常の出来事

白いゆりの咲いた日

11月22日は、はじめての会に参加する前に、本当であれば会の前にご法度だとおもいますが、元町でケーキ🍰をいただいてしまいました。

e0343821_16451093.jpeg


今年のお誕生日ケーキ🎂は、霧笛楼のケーキです181.png173.png


ここ6,7年ほどは大好きなラ・マーレードちゃやのホールケーキ🎂でしたが、今年はここに決定です169.png



甘いものは控えなければならないのですが、ごめんなさい、、、



霧笛楼のカフェのカップがまたとても可愛いのです162.png

e0343821_16572947.jpeg


古き良き横濱、そして新たに開発されたウォーターフロント横浜、新旧の横浜がカップに描かれております。


お誕生日の日に白い百合の花が咲いたので、尚更のこと嬉しかったのです113.png


e0343821_23230422.jpeg


白い百合とともに写るお花は、会が終わったあとに「お持ちください。」といただきましたトルコ桔梗です162.png
このお花をお選びになったお方は、このトルコ桔梗のようにとても可憐な女性です179.png173.png


たくさんの祝福が詰まったお花をお誕生日の日にいただけるとは、なんと光栄至極なのでしょうか177.png
皆さま、本当にありがとうございました。


そうこの日、友人のSさまにも元町で偶然お会い出来てとっても感激いたしました162.png
Sさまは、とても澄んだ空気感をお持ちになる方なので、気持ちの良い清々しさが残ります。


次の会は、大大大好きな作曲家を大大大好きなピアニストが弾くコンサートに行くため欠席をしなければならないことが残念です122.png

かなり予習が必要です。こちら↓


ここ2日ほど、9月に健康ネタでネットサーフィンをしていたときにたまたま大発見をした(私にとっては大発見でした笑)パラサイトクレンズの好転反応で横になっておりましたが、復活しました165.png173.png


ヒーリングを施すヒーラーの方々の間では周知のことだそうですが、自分の手を通して皆さまに受容いただくということは、いかに自分が浄化されているか、穢れ〈ケガレ〉があってはなりません。
もうどのくらい経つのでしょうか、お肉が食べたいと思わなくなったのは、、、人の付き合いでない限り今では戴かなくなりました。(ここ数ヶ月、お肉とお魚を食べなければならないことが多かったので、今はホッとした気分です。魚介類は海外のものでない限り基本的に一切食べません。)
ちょっとパワーがほしいときは時々鶏肉をいただきます。


お肉を出来るだけ控えることは、浄化に必須なことです。


ですが、あのヒトラーはベジタリアンだったという話しもあるので、なんだかよく分かりませんが、、、苦笑


次のクレンズは春です169.png


そう、最後に、十月末から咲いている子達をご紹介いたします179.png

e0343821_11231707.jpeg

e0343821_11233494.jpeg

もうそろそろ一ヶ月が経とうとしております。


渡米中にお水もカラカラになってしまったのに、、、


凄まじい生命力を感じます。持ちの良いお花さんなのですネ171.png





[PR]
# by flowerofkent33 | 2017-11-26 23:39 | 日常の出来事

ゆり PART2

本日は、二十四節気の〝小雪ショウセツ〟


〝大雪〟そして、〝冬至〟を残し、本年も残り僅かです。


ーテン越しからみえる外の気配は、なんだか空気が冷たそう。


冬の足音がもうすぐそこまで聞こえております。


昨日の夜はまだ開きそうもなかった最後の蕾。花が開いてまいりました162.png
花弁の色がみんなピンク色だったのに、ひとりだけ《白色》。

e0343821_12460068.jpeg


今日という日に、聖母からなんと嬉しい贈りものでしょうか173.png


絵画で私が一番好きな題である《受胎告知》のなかの象徴でもある花です。


受胎告知とは、大天使ガブリエルが処女聖マリアにキリストの懐妊を告げられたというお話しの有名な絵画ですが、全ての受胎告知の絵に《白色の百合》が描かれております。


白色の百合は、聖母マリアの「貞操」、「純潔」をあらわす象徴とされているため必ず描かなければなりません。しかし聖霊によって身籠ったことを示すために《雄しべ》を描くことは禁止をされております。宗教画は制約が多いのですが、そんなことは「知らん。」と、かの巨匠ダ・ヴィンチは描いてしまうのです笑。

レオナルド・ダ・ヴィンチ 《受胎告知》

e0343821_12434532.jpeg

大天使ガブリエルさまを拡大177.png

e0343821_12453287.jpeg

動物の解剖が趣味でもあったダ・ヴィンチは、大天使ガブリエルの背にある翼を正確に描いております。
(鳥のササミをお鍋の中で湯がくときに必ず私の頭の中に大天使ガブリエルさまのこの翼が、必ず脳裏をよぎります笑)

そして、雄しべも描かれております。


続いて、大好きな画家、エル・グレコ 《受胎告知》

e0343821_12562129.jpeg

有名なエル・グレコの、有名な受胎告知の絵画が日本の大原美術館にあるということが奇跡ですネ。

20年弱前に、15年強前ころだったかな、、上野でこの受胎告知か、もうひとつの受胎告知を見ましたが、とても圧倒されました。


上野の国立西洋美術館の常設展では、グレコの《磔刑のキリスト》がいつでも見られます。わたしには、目も当てられないほどの光景でした。一瞬見ただけでわかるグレコの作風を是非ご覧になってください。
西洋美術館の常設展はとても充実した内容だとおもいます169.png


おおぉっと。お出掛けの時間が近づいておりました101.png


《受胎告知》についてまだ語り尽くせていないので次回にします162.png





[PR]
# by flowerofkent33 | 2017-11-22 12:03 | 日常の出来事